優れたアイデアを製品にするために:先端技術へ約122億円支援する英国政府

写真拡大

英国政府は、7分野の先端技術支援に約91億円、民間企業に雇用されながら博士号を取得する制度の支援に約31億円の資金提供を行う。また、複数の地方都市に「デジタル・カタパルトセンター」を開設し、地方企業を支援する。

「優れたアイデアを製品にするために:先端技術へ約122億円支援する英国政府」の写真・リンク付きの記事はこちら

英国政府は11月5日(現地時間)、英国の先端技術ビジネスと技術者養成を支援するために6,700万ボンド(約122億円)の資金提供を発表した。

資金はふたつに分かれている。ひとつは、210人までのインダストリアルPhD(民間企業に雇用されながら、企業が授業料を出して博士号を取得する制度)の支援に充てられる1,700万ポンド(31億円)、もうひとつは、英国内のエマージング・テクノロジー(実用化が期待される注目技術)の支援に充てられる5,000万ポンド(91億円)だ。

後者の5,000万ボンドの資金は、3Dプリンティングによる人間の臓器の製作、世界のニーズを満たすより良い薬剤、エレクトロニクス機器のための「無料電源」といった7つの技術分野に対して提供される。資金提供を行う「Innovate UK」は、以前は英技術戦略委員会(TSB)という名称だった組織が改名したものだ。

ビジネス・イノヴェイション大臣であるヴィンス・ケーブルは、ロンドンで開催された「Innovate UK 2014 Conference」におけるスピーチで、「イノヴェイションの流布」というアイデアの重要性と、英国の科学者が「優れたアイデアを最先端の製品へと変化させていく」手助けをする必要性を強調した。

こうした発表とともに、同日、デジタル経済担当大臣のエド・ヴァイゼイが、「デジタル・カタパルトセンター」(Digital Catapult Centre)の開設も発表した。デジタル関連の着想を推し進めるために英国の複数地点に置かれる公的機関だ。

デジタル・カタパルトセンターは、2015年3月にブラッドフォードブライトンサンダーランドの3都市にオープンする予定だ。これらの地方センターは、10,000に上る小規模な技術系ビジネスを支援し、2018年までに3億1,500万ポンド(573億円)の経済効果をもたらすのに役立つとされている(文末の動画は、同センターの構想を説明するもの)。

TAG

EnglandInnovateUKVideoWiredUK