「ウェイク」インパネイメージ

写真拡大

ダイハツ工業は2014年11月10日、新型軽乗用車「ウェイク」を全国一斉に発売した。メーカー希望小売価格は135万〜187万3800円。

大人4人がゆったり乗車できる室内空間

日常用途からレジャー用途まで多用途に使える新ジャンルの軽自動車として開発。企画段階から45の使用シーンを想定し、それぞれのシーンで最適なクルマを目指した。

目線の高さを1387ミリとして、座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」や、軽最大の室内空間「ウルトラスペース」を実現した。高速走行時も安心して運転できるように、車内での"包まれ感"を考慮したベルトライン高を設定している。

全高1835ミリ、室内高1455ミリと、室内は大人4人がゆったりと乗れ、大人が車内で窮屈に感じることなく着替えが可能な空間とした。サスペンションやボディー構造を進化させ、高さを感じさせない操縦安定性や乗り心地の良さを実現した。空気の流れにも着目し、ダイハツ車で初めて空力フィンを採用して直進安定性を向上させた。

容量約90リッターのラゲージアンダートランクには、2リットルペットボトルが24本積載でき、高い室内高と合わせれば、ゴルフバッグなどを立てて積むなど、リヤシートを畳むことなく、長尺物を積載することができる。

エクステリアでは、フード高さや立てたバックドアにより「存在感」を表現し、フロントバンパーのコーナーを大きく面取ることで「塊感」を醸し出した。ボディーカラーは全8色に加え、3種類の2トーンカラーを設定。JC08モード走行燃費は、1リットルあたり25.4キロ。