未来から来た男が語る、デザイン、AI、ロボットと人間が共生する働き方:オートデスクの「フューチャリスト」ジョーダン・ブラント

写真拡大

ソフトウェア市場にCADという分野を確立したオートデスク社。現在は、3Dプリンティングの分野でも次々と新しい技術や製品を発表し、未来を創造する企業のひとつとして注目を集めている。オートデスク社の未来を描くフューチャリスト、ジョーダン・ブラント氏に話を聞いた。

「未来から来た男が語る、デザイン、AI、ロボットと人間が共生する働き方:オートデスクの「フューチャリスト」ジョーダン・ブラント」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジョーダン・ブラント | Jordan Brandt
米オートデスク社 テクノロジー フューチャリスト
米国ハーバード大学院卒業(建築技術専攻)。ロボット工学やクラウドコンピューティング、建築などの観点から、20年後のものづくりの姿や製造業の将来を顧客に提言するフューチャリスト。米国フォーブス誌「NextGenInnovators 2014」(次世代のイノベータ2014)にも選定されている。

──2014年10月にロンドンで開催した「WIRED2014」では、御社のアンドリュー・ヘッセル氏が3Dプリントしたウィルスで癌細胞をハッキングするという主旨の講演がありましたよね。工業製品だけでなく、生きた細胞にまで使われ始めている3Dプリンティングの技術ですが、今後はどのようになっていくとお考えですか?

3Dプリンターは目的別に用意されていて、すでにデジタルデヴァイスをつくるもの、クルマをつくるもの、生きた細胞をつくるものまでさまざまあります。

90年代に書かれたスティーブンソンの小説『ダイヤモンド・エイジ』や、「スタートレック」のレプリケーターが実現するような世界ですね。レプリケーターはご存知ですか? 分子を材料にして、ほぼ実物同じコピーをつくり出すことができるマシンです。

小説や映画で描かれたような世界のように、最終的には、物体は演算可能なものとして、すべて透明になっていくと考えています。

──ジョーダンさんはフューチャリストという肩書きですが、そもそもフューチャリストって、どのような仕事なのでしょう。

わたしは未来に籍を置いています。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公、マーティと同様に、10〜15年先の未来から現在に来た感覚で仕事をしています。

仕事自体は多岐に渡ります。ロボット工学やクラウドコンピューティング、建築などの観点から、今後のものづくりの姿や製造業の将来を顧客に提言する役割を担っています。

現在起こっている変化から未来を見通すそうとすると、18世紀半ばから19世紀に起こった産業革命などからも学ぶことがたくさんあるんですよ。

──フューチャリストになるために必要なものは?

もっとも重要なのは、創造性です。現時点の常識や知識からだけ未来を考えるのではなく、幅広い世界を知っていくことです。製品をデザインするだけではなく、ビジネスモデルもデザインしていく起業家精神も重要です。

それから、わたしが人から少し変わっていると言われるゆえんでもありますが、頭のなかでは常に、抽象的な未来の世界にいますよ。


TAG

3D PrintingAutodeskDesignFutureProductRobotics

──未来から来た、ということでお聞きしたいのですが。未来といえば、ロボティクスの進化もよく語られます。ロボットが普及することで、人間が職を失う可能性も危惧されていますが、実際のところ、未来はどうなっていますか。

ロボットか人か(どちらかが優位に立つ)、という話にはなっていませんよ。

つまり、ロボット同士では提案型のコミュニケーションは不可能なのです。現在でも、例えばトヨタでは、ロボットとロボットの間に職人が入り、その知識をロボットに反映し、生産性の工場や効率化を図っています。ロボットだけでは「カイゼン」はできないのです。同様に、Apple製品の製造を行うFoxconでは、ここ3年で雇用が増え、1万台のロボット導入と同時に、20万人の従業員が働いています。

ゆくゆくはAIの搭載された「自分のロボット」が活躍することになると考えています。ロボットが個人の競争力を高めるツールになるのです。同様に、身の回りのデヴァイスも、人それぞれ異なるかたちをしたものを持つようになるでしょう。そうなると、デザイナーが創造性を発揮する際に必要なのは、コードが書けてプログラミングもできて、さらに製造に関する知識ももつことなのです。

──人間の担う仕事は、作業的なものから創造性のあるものになっていく、つまり人は、アルゴリズムを「つくる」側になっていくということですよね。

そうですね。3Dプリンティングなどの新しい技術を導入するときに起こりがちなのですが、これまでやってきたことを新しい技術を用いてやるのでは進歩がない。それは、もはや機能しなくなったパラダイムにしがみつくことでしかありません。

新しい技術のポテンシャルを引き出す手法として、アルゴリズムデザインが注目されています。そのとき、デザイナーが果たすべき役割は、問題解決のための解、答えを導き出す過程にあるのではなく、問題そのものを提起し、定義することになっていきます。

デザイナーや設計者が、何が問題なのかをロボットに伝える。そうすると、ロボットは何百もの解を導き出し、最適な解が何かを検討する。ロボットがその役割を遂行できるように、たち振る舞うことが人間の仕事になっていく、ということです。

時代の進化に伴ってハードウェアも進化していきます。ひとりの頭のなかで構想できるものやひとりの人間の果たすことのできる役割が、限界値を超えることは容易に想像できます。ですからそのとき、AIの力添えが大きな意味をもってくる。そして人間に求められるものはクリエイティヴであること、それに尽きます。

TAG

3D PrintingAutodeskDesignFutureProductRobotics