カテキン豊富な茶葉をまるごと摂取

写真拡大

京セラ(京都市伏見区)は、緑茶(煎茶)の茶葉をきめ細かく挽ける茶葉専用ミル「セラミックお茶ミル」の新モデルを2014年11月15日に発売する。

お茶にはカテキンやビタミンなどの栄養成分が豊富に含まれ、健康効果が期待できると関心が高まっている。急須などでお茶をいれると、一般的に栄養成分の約70%は茶殻として捨てられてしまうと言われていることから、茶葉そのものを粉末にすることで、栄養成分を簡単に無駄なく摂取することができる。

昔ながらの石臼方式を採用し、茶葉をきめ細やかな粉末にすることで、急須で入れるよりも約2.3倍のカテキンを摂取できる。

刃部には、錆びずに摩耗しにくいセラミック磁器を採用。分解洗浄も可能なので、簡単にお手入れでき、清潔に使える。

お湯を注いで飲むほかに、ふりかけなどの食材として、やや粗めに挽くことで、様々な料理に活用できる。

価格は、5000円(税抜)。全国の百貨店、専門店、通信販売などで発売。