「ハーフメイドおせち」

写真拡大

楽天市場は2014年11月11日、老舗おせちの「博多久松」(福岡県)と共同開発した「ハーフメイドおせち」の予約受け付けを開始した。

「プロがつくる豪華なおせちは食べたいけれど、自分流にもアレンジしたい」というニーズにこたえ、重箱の空きスペースに好きなものを詰められるようにした。

帰省時の手みやげとしても

楽天市場によると、「おせち流通総額」は、2010〜13年の4年間で約1.8倍に増加。おせちの中身も時代に合わせて変化している。2010〜11年のトレンドは「若年層向け」「おひとりさま」おせちが人気で、和洋折衷や一人前タイプの取り扱いが増えた。2011〜12年は「お試しおせち」「東北支援おせち」が流行し、試食してから購入を決められる500〜1000円程度のものや、東北の食材を取り入れたものがあった。

そして2014年のトレンドは、「おせちは買うけど、何品かは作って自分流にしたい」と要望にこたえた「ハーフメイドおせち」だという。楽天市場が10月1〜3日、20〜60代の男女計1000人を対象に実施した調査によると、全体の65.3%が「2015年に何らかの形でおせちを用意する予定」と回答。その用意の仕方で一番多いのは、「一部購入、一部作る」で、「100%自分好みの味のおせちを、手間暇はあまりかけずに用意したい」と いうニーズがあるとしている。

予約が始まった「ハーフメイドおせち」(9000円=税込、送料込み)は楽天グルメ大賞を8年連続受賞している「博多久松」が担当。小鯛ひしお焼・カシューナッツ飴焚き・焼豚・旨干し塩とまと・香箱蒲鉾・子持ちいか・オマールグラタン・笹カスタード・オーロラふくさ・紅白市松蒲鉾・蛸明太柔煮、などが入っている。

年末年始の帰省時は手みやげに何を持って行くか頭を悩ませるが、おせち料理を事前に注文しておくのもひとつの手で、帰省のタイミングに合わせて商品を届けられるうえ、帰省先での感謝のしるしになりそうだ。