ドラマ「ファーストクラス」主題歌・「BRIGHTER DAY」(安室奈美恵/Dimension Point)11/12 リリース

写真拡大

「ちなみさん、彼氏いないでしょ」
「何言ってんの、私だって彼氏くらい……」
「いるんすか?」
「いるよ!」

いたのか!
女性ファッション誌編集長からデザイナーに転身し、現在は受付嬢と大忙しの「ファーストクラス」(フジテレビ)の主人公・吉成ちなみ(沢尻エリカ)。前作で影になりひなたになり支えてくれたカメラマンアシスタントの西原樹(中丸雄一)とのおつきあいは順調らしいことが11月5日(水)放送の第4話で明かされた。

話を聞いたアシスタントデザイナーの冴木大五郎(中村倫也)が「ちなみさんが本当に困ったとき、俺がその人呼んできてあげますよ。これまでのお礼に」なんて言いだし、ピュア系けなげ男子再登場の準備は万端! それにしても"本当に困ったとき"とかノンキなこと言ってないで、いますぐ連れてこいと言いたくなるぐらい、ちなみをとりまく状況はいよいよ逼迫してきた。

慣れない受付業務に四苦八苦するなか、「間宮社長の愛人だって噂が流れちゃってるんですけど」(知念里奈)とからまれたり、以前の職場にわざわざお使いに行かされたり……と地味ないやがらせが続く。

制服姿のちなみがオフィスに現れると当然ながら、ともさかりえを始めとする、かつてのライバルたちは大喜び。「すごーい! 吉成さんって何でも着こなしちゃうんですね」(倉科カナ)と盛り上がる。もっとも、デザイナー陣も他人を笑っている場合ではない。「よかったわ、みなさんが制服をお気に入りのようで。リカさん、これで心おきなく人事異動してもらるわね」(余貴美子)と、蘭子砲が放たれ、みんなしょんぼり。買収で倒産の危機は免れても、個々の危機的状況は変わらない。

そんななか、マイペースを貫くのはわれらが矢野隆太郎(淵上泰史)である。
ブランド創始者で、母親の竜子(夏木マリ)が出社拒否を決め込むなか、堂々の重役出勤。
「取締役に加えていただけるなんて光栄です。
まあ欲を言えば、少々ロンドンで充電したいところでしたけど
全然だいじょうぶです。やりたいことは東京で全部できますから!」
と、ノリノリで蘭子にゴロニャン。猛女をして「相変わらず、あなたは可愛らしいわ。抱きしめたくなる」と言わしめる。

さらに、隆太郎は女の手のひら返しにも強い。
「次期社長には興味あるけど、お飾りの取締役には興味なし。メリットないけん。私のマシュマロボディさわらせるわけなかろうもん」(倉科カナ)という、あまりにもあんまりな本音をぶつけられても泰然自若。「次は間宮充って感じか〜」と軽くおどけて終了なのだ。隆太郎の底知れない器の大きさに感心することしきり。

しかし、そうこうしているうちに、沢尻エリカが大変なことになっていた。
知念里奈演じる先輩受付嬢に指示され、総務課倉庫に行くと、NGSホールディングスと親交の厚い議員秘書が現れる。ちなみは逃げだそうとするがドアがあかない。壁際に追い詰められ、両手で壁ドン。おっさんの壁ドン……やーめーてー! ぜひ、すぐさまアシスタントカメラマン(現・報道カメラマン)の樹くんを連れてきていただいて、全面的に浄化していただきたい展開である。大五郎、マジで頼むよ!

前作、今作のキャストが入り乱れ、いよいよ人数巨大クラス化が進む「ファーストクラス」だが、第4話では、いよいよあのわがままモデル・ERENA(石田ニコル)も帰ってくる。舌足らずな「オ・バ・サ・ン」を連発し、全国の年上女性を挑発した彼女である。さらなる混戦状態に突入したファーストクラス。第5話は今夜10時から!
(島影真奈美)