最新作は「空手ロボット」:Boston Dynamics社(動画あり)

写真拡大

「BigDog」など不気味なロボットの開発を続けるBoston Dynamics社が、新しい人型ロボット「Atlas」の最新動画を公開した。空手のポーズや車両の運転など複雑な動作ができる。

「最新作は「空手ロボット」:Boston Dynamics社(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

「BigDog」など不気味なロボットの研究開発を続けているBoston Dynamics社が、人型ロボット「Atlas」(日本語版記事)の最新動画を公開した。

空手キックができる身長188cmのロボット「イアン(Ian)」だ。

3個のコンクリートブロックを積み重ねた上に、金属の1本足でバレエのようにバランスをとりながら立つイアンを見て、その重量が150kgもあると思う人はいないだろう。人気の映画『ベスト・キッド』(1984年)の空手のシーンを再現するようにプログラム・設定されていることも意外なはずだ。

ただ、かなりスローでぎこちないイアンの動きを動画で見る限り、いまのところは、映画で主役を演じたラルフ・マッチオのしなやかで素早い動きを真似ているとは考えにくい。


TAG

BostonDynamicsRobotVideoWiredUK

Video: DRCihmcRobotics

2013年12月にグーグルに買収された(日本語版記事)Boston Dynamics社はこれまで、背筋が寒くなるような人型ロボットや動物型ロボットを開発しており、それらは年月とともに進化を続けている。たとえば、コンクリートブロックを投げられる「危険な腕」が付いた新しいBigDog(日本語版記事)や、BigDogをさらに大きくして能力を向上させ、「おすわり」も理解できるようになったAlphaDog(日本語版記事)、時速50kmで走ることができるCheetah(日本語版記事)や、ケーブルなしで時速25kmで走れるWildCat(日本語版記事)などだ。

これらのロボットがもつ能力に加え、イアンがいくつかの技術的な偉業を成し遂げていることは確かだ。イアンの頭は2台のカメラで構成され、認識アルゴリズムが組み込まれたレーザー・レンジファインダー(レーザー測距器)により、ほかのロボットに欠けている奥行きの認識能力を有する。これによって、イアンはほかのロボットたちにはできない作業が実行できるのだ。

さらに、全身に散りばめられた28個の可動ジョイントにより、イアンは頭をねじって周囲を監視することもできる。

イアンが弾力性に優れていることはすでに証明されており、両方の「手」と「足」を使って未知の地形や危険な障害物の上を這って進むこともできる。物を運ぶことや、車両の運転さえ可能だという。

TAG

BostonDynamicsRobotVideoWiredUK