「ベイマックス」全米1位発進、老若男女をまんべんなく集客し好成績。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ最新作「ベイマックス」が、11月7日(現地時間)より全米で公開され、初登場No,1のスタートを切った。

3,700館以上での公開という数字からも期待の高さがうかがえたが、同週公開の「インターステラー」の成績を上回り、週末3日間で5,600万ドルを突破(11月7日〜11月9日 BOX OFFICE MOJO調べ)。全米で公開されるアニメーション映画においては、ファミリー層の観客がその大部分を占めることが多いが、「ベイマックス」は、ファミリー層はもちろん、26歳以上の大人層が観客の42%を占めるということも特徴のひとつだ。老若男女をまんべんなく集め、総じて高い評価を出していることが成績に反映された形となっている。

本作は、幼くして両親を亡くし、唯一の理解者であり最愛の存在であった兄タダシをも謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの天才少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”の絆を描いた感動アドベンチャー。舞台である架空都市“サンフランソウキョウ”には、徹底的に研究された日本文化の魅力が随所に反映されており、日本で実施されたワールド・プレミアでも話題を集めた。

日本文化が魅力のひとつとして取り入れられたこの作品が海外でどのような評価を受けるのかという点も注目されていたが、リアリティにこだわったその世界観は圧倒的な支持を集め、映画評論家による映画レビューをまとめた米有力映画サイト「Rotten Tomatoes」では、11月11日現在までに90%が好評価となるハイスコアを記録。大人の観客が集まっていることからも、キャラクターの魅力だけではなくその世界観やストーリーが評価されていると言える。

また、好成績に加えて批評家の評価も高く、来年2月に行われるアカデミー賞の有力候補との声が早くも上がっているようだ。

映画「ベイマックス」は12月20日全国公開。