ベイマックスと渡辺直美が共演、“ぽちゃカワ”人気雑誌の表紙で。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ最新作「ベイマックス」に登場する、“フワぷに”ボディの新キャラクター・ベイマックスが、11月20日発売の日本初“ぽっちゃり女子のおしゃれ応援マガジン”「la farfa(ラ・ファーファ)」(ぶんか社刊)の表紙に登場し、同誌のカバーガールを務めるお笑い芸人の渡辺直美と異例の共演をしていることが分かった。

今回の共演企画は『ベイマックス』の“フワぷに”と、「la farfa」の“ぽちゃカワ”でタッグを組むことができないかと考えた映画の宣伝担当がぶんか社に打診。両社の合意に至り実現したという。撮影は10月下旬に行われ、表紙のビジュアルが完成。11月12日に解禁となった。

映画「ベイマックス」は、幼くして両親を亡くし、最愛の存在であった兄タダシをも謎の事故で亡くしてしまったひとりぼっちの天才少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケア・ロボットの“ベイマックス”の絆を描いた感動アドベンチャー。日本とサンフランシスコを融合して作られた架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、日本の文化を徹底的に研究し、その魅力が随所に描かれていることでも話題となっている映画だ。

ベイマックスはタダシが作ったケア・ロボットで、おせっかいなほど一途に、心に傷を負ったヒロをケアしようとする優しさに満ちたキャラクター。空気の詰まった大きな“フワぷに”ボディは、白くて丸みを帯びており、よちよち歩きなど非常に動きがかわいらしいことから、すでに「かわいい!」「触りたい。」「わたしもほしい!」といった声が続出しており、日本のファンを早くも虜にしている。

一方、「la farfa」は昨年3月にムック本で刊行されて以来話題を集め、今年3月から奇数月隔月発売となり、部数は右肩上がりに伸びてついに10万部を突破。同誌の“ぽちゃカワ”人気モデルたちによるガールズユニットが歌手デビューするなど、話題が尽きない雑誌に急成長しており、海外メディアからの取材が入るなど、ファッション誌の領域を超えたムーブメントを巻き起こしている。

渡辺は「la farfa」の創刊時からカバーガールとして登場しており、今回の異例の共演について、「まさかディズニーからライバルが現れるとは思ってもいませんでした。逆の意味では、私もディズニーキャラクターに近いってことですね」といたずらっぽく感想を述べると、「フワぷにのベイマックスが本当にかわいくて、ぽちゃカワも負けてられないと思いました。色んな意味で共演できてうれしかったです」と、なぜか対抗心を燃やしていた。

今回の共演は中面でも特集されており、撮影時の様子がうかがえるベイマックスと渡辺の写真が満載。必見の内容となっている。

「la farfa」は11月20日発売、映画「ベイマックス」は12月20日全国公開。