現在はヴォルフスブルクのスカウト部長を務めるリトバルスキー。日本人SBについて忌憚のない意見を述べてくれた。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 内田、ダブル酒井、長友と、欧州で高い評価を得ているのが日本人のSBだ。その理由は、どこにあるのか。選手、そして監督として日本サッカーと長く関わり、現在はヴォルフスブルクでスカウトを務めるピエール・リトバルスキー氏に、その答を求めた。
 
【日本代表photo】ホンジュラス、オーストラリア戦に臨むメンバー23人
 
 日本人SBが、なぜ欧州で高く評価されているのか――。大きな理由として挙げられるのは、戦術進化の方向性と、選手としての能力や特性が上手く合致している点だ。
 
 まず現在のブンデスリーガでは、ビルドアップの際にCBがペナルティーエリアの幅ぎりぎりまでワイドに開き、SBがハーフウェーライン付近まで上がっていくパターンが一般的になってきている。このような戦術を採用する場合は、SBに求められる条件も当然のように変わる。
 
 深い位置で守備を担うのではなく、前方でビルドアップやチャンスメイクにも絡もうとするならば、豊富な運動量はもとより、相手にプレッシャーを掛けられている状態でも、確実にボールをコントロールできる能力が求められる。日本人SBが評価されている理由は、まさにここにあると言える。内田や宏樹と高徳のふたりの酒井、長友などは、狭いスペースできちんとボールをつなぐことができるからだ。
 
 それを可能にするのが、日本の育成環境だ。元々、日本人選手のテクニックはレベルが高いが、欧州の感覚からすれば、フットサルと見紛うようなスペースでのプレーの仕方も、幼少期から学んでいく。ピッチの中央、特にハーフウェーライン周辺は、ただでさえ敵味方の選手がひしめいている。タッチライン際ともなれば、スペースはさらに限定されてくるが、日本の選手はまったく苦にしない。
 
 また、戦術の進化に関して言えば、ゲームのテンポが上がったことと、攻撃から守備、そして守備から攻撃へという、局面の転換が早くなってきた点も指摘できるだろう。
 
 昨今の試合では、カウンターからチャンスを作ったり、ゴールを奪うケースが大半を占めるようになった。組織サッカーが浸透した結果、速攻をベースにしないと、相手守備陣を崩せなくなってきたからだ。素早くプレーを切り替える能力は、攻撃から守備に移る際にも決定的に重要になるが、日本人選手はこの「トランジションゲーム」を実にスムーズにこなしてみせる。狭いスペースを活用するテクニック同様、戦術眼の確かさは、大きな武器になっている。
 
 このような現象は、「評価基準の変化」としても捉えられる。
 
 かつて日本人SBがヨーロッパでプレーし始めた頃に、最も評価されていたのはディシプリン溢れるプレースタイルだった。90分間、タッチライン沿いを上下動し続ける姿勢や、無尽蔵のスタミナ、最後まで試合を諦めないファイティングスピリット、そしてチームプレーを最優先する献身的な姿勢などだ。
 
 だが、今は違う。ブンデスリーガのサッカーが進化した結果として、SBは機械のようにプレーし続けるだけでは評価されなくなった。役割分担に関して述べれば、試合で担う攻守の比率は50対50にまで変化している。
 
 日本人SBは、このような変化に見事に対応してみせた。欧州で彼らが存在感を増しているのは、単にプレーしている選手の数が増えたからでも、年数が長くなってきたからでもない。新世代のSBに求められるニーズを、きちんと満たしているからなのである。
 とは言え、欧州でプレーしている4人にも、微妙な違いはある。
 
 まずは内田。最大の特長は、攻撃参加する際の視野の広さだ。然るべき場所に、然るべきタイミングでパスが出せるし、パスの受け手となったFWをサポートしながら、攻撃に絡んでいくのも上手い。先日行なわれたアウクスブルク戦の活躍などは、日本のファンも強烈に覚えていると思う。
 
 守備に回った時に武器になるのは、ゲームの流れを読む能力だ。攻撃の時に視野の広さを生かしているように、内田は守備でも空間把握能力の高さを発揮。内側にシフトして味方の守備陣をサポートしたり、敵のスペースを効果的に消したりする。試合中には、1対1でピンチの芽を摘まなければならない場面も当然出てくるが、内田は相手を潰すタイミングを見極めるのにも長けている。これもゲームを読む上手さを反映したものだ。
 
 次は酒井宏樹。彼の持ち味は、運動量とボールを自ら運びながら攻撃参加していこうとする姿勢にある。1対1の場面での仕掛けをためらわないし、タッチラインを駆け上がったうえで、効果的なクロスを出そうとする。身体も大きく、まさに現代的なSBだ。
 
 酒井高徳も、もちろん新世代のSBのひとりだが、特長は攻撃というよりは守備にあると思っている。クロスからラストパスを出すシーンなどよりは、守備で献身的にチームに貢献するイメージが強い。
 
 そして長友。彼は独特の雰囲気を持っているし、試合に勝ちたいという意欲を全身に漂わせながらプレーする。1対1で仕掛けていく場面は特にそうだ。また小柄なので、ショートレンジのクイックなターンができるし、左右どちらの足でも質の高いクロスを供給できる。
 
 守備の際には、まさにブルドッグのように相手に食らいついていく。彼を見ていると、ベルティ・フォクツを思い出すよ。私が現役だったとしたら、彼のようなSBとはマッチアップしたくない。
 では逆に、解決していかなければならない課題とはなにか。
 
 これもまた、日本人選手の特長に関係している。戦術的にプレーしようとする意識が高い代わりに、細かな指示を必要とするのだ。この傾向は守備でとりわけ顕著となる。いつプレスを掛けに行くのか、そしてマークの受け渡しを、どのタイミングでするのか。日本人選手は指示が具体的で、細かければ細かいほど力を発揮する。
 
 だが残念なことに、ブンデスリーガのドイツ人監督は、チーム全体に指示を出すことはあっても、ディテールにまでこだわった説明を一人ひとりにしない傾向がある。
 
 そのため、例えばCBとSBの間のスペースにボールが出された時などは、対応に戸惑ってしまうケースが出てくる。タッチライン沿いからクロスを上げられた場面も同様だ。SBはファーポスト側に流れてきたCFをケアしなければならないが、監督の指示が漠然としていて守備陣の連係が取れていないと、問題が出てくる。
 
 むろん根本的な原因は、ドイツ人監督の傾向にあるし、日本人SBが本質的な欠陥を抱えているわけではない。だが選手としてさらにステップアップするために、語学のスキルを高めて、チームメイトと密に連係を取れるようにしていく作業は重要だと思う。
 
 サッカー選手が成功を収めていくために最も重要になるのは、常に努力し続けていくことだ。私はこのテーマについて長谷部とも話し合ったことがあるが、長期に渡ってコンスタントに結果を出していくためには、1日24時間、ひたすらサッカー漬けの毎日を送り続けていく必要がある。
 
 そのうえで、絶えず他人から学んでいく。国によってサッカーのスタイルは千差万別だし、選手は自分と同じポジションのライバルから、常に吸収できる。Jリーグの右SBは内田を参考にしているかもしれないが、当の本人は、ラームのような選手を研究しているはずだ。欧州の日本人SBが今日手にしている成功は、この種の地道な努力の上に成り立っている。
 
 日本人SBは、欧州における日本人選手の評価基準自体を変えたし、戦術やテクニックの面で、サッカー界の進化を反映するまでになった。その意味では、次の段階にステップアップしたと言ってもいい。
 
 もちろん、上に行けば行くほど、選手に求められる条件は厳しくなっていく。
 
 だが彼らが、日本サッカーの新たな地平(フロンティア)や可能性を示唆しているのは間違いない。SBは、日本代表を進化させていく触媒にもなるはずだ。
 
■プロフィール
ピエール・リトバルスキー/1960年4月16日生まれ、ドイツ出身。選手として3度ワールドカップに出場(優勝1回、準優勝2回)。93年から市原(現千葉)など日本でもプレー。引退後は日本、ドイツ、オーストラリアなどで指揮官を務め、現在はスカウトとして日本サッカーの動きを見守っている。愛称はリティ。
 
取材・文:田邊雅之(サッカーライター)