11月20日(木)から宮崎県にあるフェニックスCCで開催される「ダンロップフェニックス」に、石川遼、松山英樹が正式にエントリーを済ませたことが主催者から発表された。松山の日本ツアー出場は7月のセガサミーカップ以来今季2度目となる。石川はすでに最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」までの出場を表明している。
【コラム】「もめた」義務試合数、欧州ツアーの解決の仕方
 また、海外招待選手として、今年のマスターズで2位タイに入るなど今最もPGAツアーで注目を集めている若手のジョーダン・スピース(米国)、2012年全米オープンチャンピオンのウェブ・シンプソン(米国)らも出場。今年も日本ツアー屈指のフィールドで優勝賞金4,000万円をかけた戦いが繰り広げられる。また、主催者推薦選手として丸山茂樹の出場も発表された。
<ゴルフ情報ALBA.Net>