写真提供:マイナビニュース

写真拡大

亀田製菓はこのほど、同社商品「ゆめごはん1/35トレー」シリーズ3品が、消費者庁より健康増進法(平成14年法律第103号)第26条第1項に基づく「特別用途食品 病者用食品 低たんぱく質食品」の表示許可を受けたことを明らかにした。

同シリーズは、厳しい食事療法を継続しなければならない、慢性腎不全患者などの食生活の向上に貢献できるトレー入りご飯。エネルギーは通常のご飯と同等にしながら、国内最少の低たんぱく質化(100g 当たりたんぱく質0.07gで、通常のご飯の約1/35)を実現した。主食のご飯のたんぱく質量を減らせるため、副食のおかずの幅を広げることができる。

同商品は、同社とキッセイ薬品工業が共同で開発した。独自の「特製二度蒸し製法」により、トレー入りご飯にありがちな特有の臭いを極力抑えてふっくらと炊き上げた。また、従来品同様、日本食品標準成分表2010の「水稲めし精白米」と比較し、リン・カリウムも低減している。

今回、表示許可を受けた商品は、「ゆめごはん1/35トレー」(180g)「同 トレー大盛り200g」「同 トレー小盛り150g」の3種。なお、今回の表示許可により、「ゆめごはんシリーズ」は、トレータイプは1/25、パウチタイプは1/25、1/10、1/5の4種類をあわせた計7種類が許可品目となった。

(フォルサ)