写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2005年に誕生した世界で5番目のディズニー・リゾート、香港ディズニーランド・リゾート(香港・ランタオ島)。2011年にアジア初の「トイ・ストーリーランド」、その後、香港限定の2つのテーマランドが誕生し、さらに今年10月より、夜のパレードがスタートした。このコラムでは、進化を続ける香港ディズニーランド・リゾートの魅力を大紹介! 初回は、ディズニー初の完全LEDパレードとして注目を集めている夜の新パレード「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」を取材し、光り輝く夢の世界を体験する。

「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」は、ティンカー・ベルのキラキラ光るピクシー・ダストのパワーを利用し、ミッキーが魔法をかけられたペイントブラシを使って、ディズニー、ピクサーの映画をテーマに光のアートを描くナイトパレード。香港ディズニーランドのパレードに初めて登場する、『カーズ』の主人公ライトニング・マックィーンや、『モンスターズ・インク』のサリーとマイクをはじめ、ティンカー・ベル、アリエル、ミッキーたちが、光を放ちながらメインストリートUSAを輝かせる。

先頭は、ティンカー・ベルのフロート。羽とドレスが明るく輝くティンカー・ベルが、ピクシー・ダストをふりまきながら姿を現すと、ゲストから歓声が上がった。続いて、『モンスターズ・インク』のマイクとサリーが登場。フロート上のいくつものドアはスクリーンになっており、さまざまなモンスターたちが映し出され、映画の世界へとゲストを誘った。

『モンスターズ・インク』に続いて、『カーズ』のライトニング・マックィーンやマックが、光を放ちながら走り抜け、『リトル・マーメイド』のフロートでは、アリエルとキング・トリトンが、フランダー、セバスチャンと共に、美しい海の中の世界へとゲストを導く。『美女と野獣のフロート』では、光り輝くドレス姿のベルが、大きなバラが飾られたフロートに乗って現れ、マジカルな世界が映し出されるスクリーンも輝きを放っていた。

『トイ・ストーリー』のフロートでは、スリンキー・ドッグに乗って、ウッディとバズ・ライトイヤーが登場。続いて、グーフィー、ドナルド、ミニーが、輝く丸いフロートに乗って現れ、その後ろから、ラストを飾るミッキーが姿を見せると、ゲストから一際大きな完成が沸き起こった。そして、赤いマントに青い星柄の帽子をかぶった魔法使いのミッキーが、巨大なフロートの上から手を振り、ゲストを魅了した。

また、パークでは、「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」のための特別グッズが登場。「ミッキーのペイント・ブラシ」を使うと、パレードに登場するダンサーのコスチュームの色を変えることができ、ミニーのリボンカチューシャ「ミニー・グロウ・ボウ」も、「ミッキーのペイント・ブラシ」でリボンの色を変えることができる。

さらに、パーク内のレストラン「コーナー・カフェ」では、「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト」をテーマにしたメニューも登場。魔法のブラシをイメージしたチョコが添えられたミッキーシェイプのチョコレートムースや、ミッキーやティンカー・ベルのオブジェが光を放つスペシャルドリンクが味わえる。

次回は、2011年に香港ディズニーランドにオープンした、アジア初の「トイ・ストーリーランド」を紹介する。

As to Disney photos,logos,properties:(C)Disney  (C)Disney/Pixar協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

(酒井青子)