「飲む」なめらかプリン

協同乳業のブランド「メイトー」は2014年10月27日、「メイトーのなめらかプリンシェイク」を期間限定で発売した。

コンビニやスーパーでよく見かける小ぶりサイズの白いプリン、「メイトーのなめらかプリン」が1999年の発売から15周年を迎えたのを記念した商品。「なめらかプリン」ファンは多く、ドリンク化はかなり注目されているようだ。

「期間限定にしておくにはもったいない!」

牛乳、卵、クリームを使用することで、「なめらかプリン」の味をそのままチルドカップ飲料で再現した。協同乳業は、振ってから飲むと「ふんわりなめらかな食感が楽しめる」とアピールしている。

ツイッターでは、飲んでみた人から

「なめらかプリンシェイクくそうまいw」
「メイトーのなめらかプリンシェイク激うま!」
「うっまい!これ好きだ!見つからなくなるまでリピートしよっかな」

など、絶賛が相次いで投稿されている。

発売されたばかりだが、早くも「期間限定にしておくにはもったいない味!」と、いつか来る販売終了を惜しんでいる人までいる。

ただ、プリンが固形で入っていて振ると崩れるようなドリンクを期待していた人もいたようで、「プリン入ってるもんだと思った...ショック」との声も。通常商品の小さめのサイズに慣れていた人からは「量が増える為、ちょっとキツい」との感想もあった。

希望小売価格は162円。