岸田文雄外相が日中合意文書を説明「尖閣に領土問題は存在しない」

ざっくり言うと

  • 岸田文雄外相は11日、見解の相違を認めた日中合意文書を説明した
  • 「尖閣に領土問題は存在しない」とする日本政府の立場に変わりはないとした
  • 見解の相違として、中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定した問題を列挙

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング