TBSドラマ『まっしろ』のナース服に対するネットの反応がなかなか興味深い

写真拡大

 2015年1月より放送されるテレビドラマ『まっしろ』(TBS系)が11月11日、出演者が着用するドラマオリジナルのナース服を初披露した。
ところがネット上では、このナース服に問題ありとして早速ちょっとした話題になっている。

 ドラマのナース服は、ナースキャップに白っぽい上下のセット。看護師役として出演する堀北真希、志田未来、高梨臨、木村多江が着用した姿で初披露された。上着はすその部分がフリル状になっていて、スカートはタイトとフレアの2種類あるようだ。

【関連:ドラマ『彼岸島』2nd製作へ−深夜ドラマとしては異例の製作費2億円】

TBSサイト内、ドラマ『まっしろ』紹介ページより

TBSサイト内、ドラマ『まっしろ』紹介ページより

 一見するととてもお洒落。それにドラマの設定上、このナース服の病院は“最高級セレブ病院「東王(とうおう)病院」”という事なので、あえて普通のナース服よりお洒落なデザインにしているのだと思う。ちなみに、TBSのドラマ紹介ページで確認すると、このナースキャップには看護師の職分に従って、真珠も付けられるという。

 ただこれを見た人からは「今時ナースキャップ」「なんだこりゃ。こんなナースはいません」「ちょっと現実離れしすぎ」「感染対策上ありえません」「BLS(一次救命処置)しづらそう」「ナースキャップは良いとして、髪を垂らすのはどうかと」「こんなの着て動けない」「この靴は針を落としたとき危険」といったデザインから着こなしに至るまで様々な意見が上がっていた。意見している人の多くは医療関係者と思われるが、本職の人から見るとどうも納得のいかない衣装や着こなしになっているらしい。

 ドラマ『まっしろ』はナース版“大奥”が描かれる。政財界、芸能界、文化人らが高額医療費にも関わらず、次々にやってくる最高級セレブ病院が舞台。脚本は『白い巨塔』の井上由美子。井上にとって病院ドラマは『白い巨塔』以来12年ぶりとなる。