デスクをすっきり

写真拡大

アーキサイト(東京都千代田区)は2014年11月中旬から、韓国のデバイスメーカー、Leopold(レオポルド)のキーボード「FC660C」シリーズ2機種を販売する。

珍しい5段配列

一般的なキーボードにはある「ファンクションキー」を削り、他にも独自のキー配列を採用した5段キーボード。キーピッチを19ミリに保ちつつ、通常のテンキーレスタイプのキーボードと比べ専有面積を約30%削減することに成功しており、机のスペースを有効に活用できる。省かれたキーのほとんどは「Fn」キーと他のキーを組み合わせることで入力可能。

スイッチ部には耐久性に優れた静電容量方式(無接点)を採用。スイッチが入る位置と切れる位置に差が設けられているため、チャタリング(二重入力)が発生しない。

また、筐体の底面にはラバーストッパーを装備。加えてチルトスタンド(キーボードを傾斜させるスタンド)にもラバーストッパーがついており、ガタつかない安定した打鍵感を味わえる。

対応OSはWindows8、7、Vista、XP。接続方法はUSB2.0で、Bluetoothには対応していない。本体サイズは横328ミリ、縦111ミリ、高さ25〜40ミリ。

カラーはホワイトとグレーの2色で、価格は2万5500円(税込み)。