羽生結弦

写真拡大

10日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)で、日本スケート連盟理事の佐野稔氏が、羽生結弦のフィギュアスケートグランプリシリーズ中国大会2位に「オマケ」と言及した。

番組では、同大会で、羽生結弦がフリーの直前練習中に中国のエンカンと激突した事故と、その後の試合の様子を取り上げた。スタジオでは、会場で試合を見ていた佐野氏が羽生の事故や試合について解説した。

羽生の演技が高得点だった理由について、佐野氏は「決めなきゃいけないジャンプ。しかも後半のトリプルアクセル、シングルループ、トリプルサルコウ、これね非常に大きな得点源になるところなんですね。しかも後半でやってますから1.1倍になります」と説明した。

続けて、佐野氏は「さすがオリンピックチャンピオンの風格ですよね。演技、構成点のほうでかなり稼ぎました」と評した。

また、審判たちも羽生の事故現場を見ていることから、佐野氏は「もしかすると『オマケしちゃおうかな』と思った方もいらっしゃるかもしれません」と羽生の高得点の理由を語った。

【関連記事】
羽生結弦の負傷を美化する風潮にテリー伊藤が苦言
織田信成氏がテンションの高さで松岡修造氏を超える「ただ! 言わせてください!」