写真提供:マイナビニュース

写真拡大

わくわくドキドキのドラフトが終わり、ファンにとってはつらく苦しい戦力外や退団選手の知らせを受け、ようやく来季のカープの顔ぶれがおぼろげにですが見えてきました。

緒方孝市新監督のもと、選手たちは来季どのように活躍し成長してくれるのでしょうか。来季開幕が待ち遠しい中、来季のカープの戦力予想をしてみます。まず今回は投手編です!

○前田、大瀬良の2本柱に野村らが続けるか

まずは先発陣から紹介します。最近、他球団ファンの方からよく「マエケン、メジャー行かせてあげないの? 」と聞かれます。もちろん、今まで十分に頑張ってくれました。メジャー志望なのも以前から聞いているので、黒田博樹投手を見送ったときのように「夢をかなえておいで! そしてカープに戻ってきね! 」という気持ちはあります。

ですが、今季の彼の口からは何度も「優勝」という言葉を聞きました。今年最も悔しかったのは、誰よりも彼だと思っています。きっと来季こそリベンジ魂に燃え、カープ優勝の立役者となってくれるだろうと願い、エースに前田健太投手をあげます。

ルーキーながら今季、10勝をマークした大瀬良大地投手も外せません。クライマックスシリーズ(CS)の甲子園での力投は涙が出るほど立派でした。この2人に続く野村祐輔投手、福井優也投手、九里亜蓮投手も切磋琢磨(せっさたくま)し健闘してくれるはず。

ここにイチオシの戸田隆矢投手を入れたいところですが、今季終盤は中継ぎでの起用が続いたので……。ただ、同じく若い中崎翔太投手との21歳→22歳の若鯉リレーは、その成長ぶりに胸を熱くさせられました。それに、中継ぎなら球場へ行って見られるチャンスも多くなるので、ファンとしては複雑なところです(笑)

○一岡の新球に注目、ヒースの抑えもアリ

続いて中継ぎです。今季、全選手の中で一番の成長株だったと思っているのが、中田廉投手です。そして、ファンからも選手からも「愛されキャラ」として通っている一岡竜司投手も、間違いなく来季の重要戦力です。一岡選手は秋季キャンプでナックルカーブの習得に励んでいるようです。彼が新球をモノにして来季フルシーズンで働けたとしたら、カープの中継ぎは盤石です。

そして助っ人外国人も要チェック! ミネソタ・ツインズからクリス・ジョンソン投手を左の先発候補で獲得。契約金と年俸合わせて1億円(推定)という大金をはたいてのラブコールということで、期待大です。今年8月に入団し終盤に大きな援護となったデュンテ・ヒース投手は、CSで見られたような抑えでの起用もありだと思います。

というのも先日、クローザーとして2012年から活躍していたミコライオ投手が退団すると報じられたからです。そのニュースよりも前に、ベイスターズファンの友人にLINEで誕生日メッセージを送ると、「カープファンからのプレゼントはミコライオでしょ? 」と返信が来ました。既読無視してましたが……どうかセ・リーグ以外の球団でプレーして!

○黒田さんの勇姿をズムスタで見たい

そういうわけで、最終的に先発ローテーション予想はこんな感じになります。

前田健太→福井優也(九里亜蓮)→野村祐輔→大瀬良大地→黒田博樹→クリス・ジョンソン

表ローテの頭はマエケンで、裏ローテの頭は大瀬良投手で確実に1勝を……って、黒田投手がいきなり入っているじゃないかって? はい、黒田さん、しれっと入ってますね(笑)

「黒田さんのカープ復帰説」―。今年も例年通り始まり、「もうそんな季節なんだなぁ」と秋の深まりを感じています。昨年はあまり期待せず、案の定ヤンキース残留でしたが、帰ってくるならそろそろなんじゃないかな。そして、必ず黒田さんは帰ってきてくれると思っています。

前田智徳さんのいない今、私の中の生きるレジェンドは黒田さんだけなのです。ズムスタで、赤いユニフォームを着てツーシームを投げる黒田さんを見ることが私の夢です。

お願いします! 黒田さん!

○筆者プロフィール: 古田ちさこ(ふるた ちさこ)

新潟で生まれ千葉で育った関東カープファン。年間で20試合ほどカープ戦を観戦。「東京音頭」も「闘魂込めて」も「熱き星たちよ」も歌えるが、CCダンスが踊れない。年に一度のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島での観戦を楽しみに、ふだんは都内でOL、読者モデルとして活動中。左腕好き。応援している選手は戸田隆矢投手。毎日カープのことをTwitterでつぶやくほか、ブログも書いています。

(古田ちさこ)