マシューマコノ日(ヒー)認定、主演作「インターステラー」公開記念で。

写真拡大

巨匠クリストファー・ノーラン監督が手掛ける話題作「インターステラー」が日本公開を迎えることを記念して、公開日の「11月22日」が、「マシュー・マコノ日(ヒー)」として日本記念日協会によって認定されたことがわかった。

本作主演のマシューは、第86回アカデミー賞にて、「ダラス・バイヤーズクラブ」でエイズ患者を演じ、主演男優賞を受賞。「インターステラー」でもすでに高い評価を得ている。マシューはハリウッドでいま“最も旬な男”の一人だ。

そして10月26日(米ロサンゼルス時間)に、「マシュー・マコノ日」認定書が、マシュー本人の元に届けられ、日本語で「アリガトウ!」と大感激。

「自分の名前で自分の日ができるのなんて、今まで一度もなかったよ。僕の誕生日は、ちょうど11月なんだよね。僕にとって初めての僕の日。とても光栄な事です」
「これから22日をどうしようか考えなくちゃね。なにか日本を表現できるものがいい。たとえば着る洋服でこの日を祝うとか、それか、日本に毎年電話をかけるとか。僕が何をしているか、何処にいるかを知らせるのもいいね。日本での僕の日にね」

まさかのマシューの提案を、配給元のワーナー・ブラザース映画は絶賛検討中とのことだ。

本作は、壮大な宇宙空間を舞台に、人類の存亡を懸けたミッションに挑む人間たちのドラマ。「君の娘さんの世代で世界は終わる」と告げられた主人公が意を決して宇宙へと飛び立ち、「必ず、帰ってくる。」と誓った父と、その娘の愛と絆の物語が展開される。一早く本作を鑑賞した全米有力各誌やマスコミ関係者は、本作をこぞって絶賛。特にマシューと、「レ・ミゼラブル」で助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイの涙なしには語れない迫真の演技に、アカデミー賞有力との呼び声も上がっている。

「インターステラー」は11月22日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー。

☆「インターステラー」ストーリー

明日か10年後か、現実に起こりうるそう遠くない未来。世界的な食糧飢饉、劇的な環境変化によって、地球の寿命は尽きかけていた。生きて帰れるか分からない、重大な使命を担う壮大な旅に選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男クーパーと数少ないクルーのみ。彼らは、居住可能な新たな惑星を探す為、前人未到の未開の地へと旅立つ。それは人類の限界を超える不可能にも思える史上最大のミッション。果たして彼らは、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することが出来るのか!?