環境省は、企業やNPOなどによる環境保全の自主活動推進の一環として、今月22日に「中国環境パートナーシップオフィス」を広島市内に開設する。同施設は今年度から06年度までに全国7カ所に設置される地方環境パートナーシップオフィスの第1号となる。現時点では、今年度中に大阪と名古屋での開設が決定し、来年度は詳細は未定だが、北海道と東北の2地方での開設が決まっている。

 22日に広島事務所の開設に合わせ、「地域の環境活動とパートナーシップ」をテーマにしたシンポジウムが開かれる。定員は100名で、入場無料。環境省総合環境政策局環境経済課の西久保裕彦・民間活動支援室長は「このオフィスを中心に中国地方での環境保全活動が活発になることを期待している」と語った。
 
問い合わせは、NPO法人ちゅうごく環境ネット(電話050-5511-7565)まで。【了】

環境省
http://www.env.go.jp/
ちゅうごく環境ネット
http://cknet.s75.xrea.com/