1970年から始まったワールドテニスツアー最終戦は、これまで「マスターズ」、「ワールドチャンピオンシップ」、「マスターズカップ」、そして、「ワールドツアーファイナルズ」と名称を変えてきた。

 その変遷のなかで、大会最多6回優勝のロジャー・フェデラーをはじめ、5回優勝のイワン・レンドルやピート・サンプラス、3回優勝のジョン・マッケンローやボリス・ベッカーといった錚々たるメンバーが、現代テニスの歴史の縮図といえるこの大会にその名を刻んできた。

 一方で、長く低迷が続いた日本男子テニス界にとって、このツアー最終戦ははるか遠い存在でしかなかった。だがついに、さまざまな記録をつくってきた錦織圭が、アジア男子選手として初めて出場権を獲得するという歴史的快挙を成し遂げた。

「(ツアーファイナルズを)目標にしてきましたけど、現実的に考え始めたのは、(準優勝の)USオープンの後からです。クアラルンプール(マレーシア)と日本での優勝が大きなきっかけになって、もっと意識をし始めた。バレンシアを棄権して、結構プレッシャーがかかった中で、パリ(の準々決勝)では、(ダビド・)フェレールに勝たないと、(ツアーファイナルズ出場権が)どっちに転ぶかわからない厳しい戦いだった。それをしっかり勝ち取って、ロンドンに来られたのは、いい入り方なんじゃないかと思います」(錦織)

 ロンドンのO2アリーナで開催されるツアーファイナルズは、シーズンの年間成績上位8人だけが出場を許されるエリート大会で、いわば「年間王者決定戦」だ。通常のトーナメント方式と異なり、「ラウンドロビン」(総当たり戦、以下RR)方式で行なわれる。

 8人を4人ずつの2グループに分け、RRではひとり3試合戦う。各グループの成績上位ふたりが準決勝に進み、Aグループ1位対Bグループ2位、Bグループ1位対Aグループ2位の組み合わせで試合をして、それぞれの勝者が決勝進出となる。

Aグループ:ジョコビッチ、チリッチ、ワウリンカ、ベルディヒ
Bグループ:フェデラー、錦織、ラオニッチ、マリー

 獲得できるランキングポイントも大きく、RRで1試合勝つごとに200点を得ることができる。準決勝勝者に400点、優勝者に500点が与えられ、全勝優勝なら合計1500点を獲得できる。

 さらに、賞金総額は650万USドル(約7億4千万円)とかなり高額だ。出場料だけで15万5000ドル(約1800万円)。もしRRで3戦3敗でも、この額は保証される。そして、RRで1試合勝つごとに15万5000ドルを手にする。もし全勝優勝すると207万5000ドル(約2億4千万円)を獲得することができる。

 錦織のツアーファイナルズ初出場は、シーズンをとおしてトップレベルで安定した成績を残してきたいわば「勲章」であり、名実共に超一流のトッププレーヤーの仲間入りを果たした証でもある。

 自己最高のATPランキングを5位(大会時、以下同)に上げ、今季ツアー4勝を挙げた錦織は、レギュラーシーズンで52勝12敗、自身初の50勝以上を記録した。

 サービスゲーム獲得率85%、ファーストサーブでのポイント獲得率73%、セカンドサーブでのポイント獲得率55%、ブレークポイントのセーブ率65%といったように、自分のサービスゲームでの充実ぶりがうかがえる。また、相手のセカンドサーブに対してのリターン獲得率が53%で、ツアー全体で6位。錦織得意のリターンからの攻撃が冴えている。

 また、ツアーファイナルズは、インドアハードコートで行なわれるが、錦織は今シーズン、インドアハードで好成績を収めている。メンフィス(アメリカ)とクアラルンプールの2大会で優勝しており、直近のマスターズ1000・パリ大会ではベスト4進出。さらに、優勝した10月のジャパンオープンでも5試合中4試合は雨天のためインドアハードでプレーして勝利した。ツアーファイナルズでの好材料にしたい。

「以前はあまり好きじゃなかったけど、今は(インドアは)意外と好きです。風がなくて気持ちよく打て、サーブが自然と良くなる感覚もある」(錦織)

 RRで、錦織はBグループに入り、ロジャー・フェデラー(2位)、アンディ・マリー(6位)、ミロシュ・ラオニッチ(9位)と同じ組になった。フェデラーは「興味深いグループ」だと語る。

 錦織対フェデラーは、過去2勝2敗、今季1勝1敗で、マイアミでフェデラーから2度目の勝利を挙げた。対マリーは、錦織の0勝3敗、今季の対戦はなかった。対ラオニッチは錦織の4勝1敗、今季は錦織の3勝1敗で、USオープン4回戦やジャパンオープン決勝での激闘を錦織が制したのは記憶に新しい。

 Bグループは実力が拮抗していて、錦織にとって非常にタフではあるが、今シーズン著しく成長した錦織なら、突破するチャンスを見出せるはずだ。

 錦織は、大会初日の11月9日のデーセッション、シングルスのオープニングマッチで、地元イギリスの英雄・マリーと対戦する。

「マリーはサーブが良く、ストロークがしっかりしているので、攻撃的というより、どちらかというと守備がうまい選手。そこを崩していきたい。(自分の)サーブをキープするのがキーになる」(錦織)

「もちろんタフな試合になるだろう。圭は、今シーズンすごくレベルアップした。彼のゲーム内容も、ランキングも上がった」(マリー)

 その後、錦織は、一日おきに11日と13日にプレーするが、RR第2戦は、初戦の勝者同士と敗者同士の組み合わせになる。

「高揚感は他の大会以上にある。トップの8人しかいないという雰囲気が、グランドスラムと違う感触。メンタル面でしっかり準備しないと雰囲気に飲まれてしまうと思う。緊張は出てくると思いますけど、それに打ち勝つことがファーストステップ」

 こう語る錦織が、ツアーファイナルズの独特の雰囲気の中で、RRの大事な初戦を制することができるかどうか注目だ。

神 仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi