世界規模のジャムセッションができる「WholeWorldBand」(動画あり)

写真拡大

世界規模で自由なジャムセッションができるiOSアプリ「WholeWorldBand」。好みのアーティストを見つけて、彼らの楽曲に合わせて自分の曲を演奏する仕組みだ。日本の「鼓童」など、名前の通ったミュージシャンも参加している。

たくさんのミュージシャンたちにはまだ知られていないかもしれないが、「WholeWorldBand」は、最高の音楽アプリかもしれない。世界中の人たちと音楽的につながれるアプリであり、その中には名前の通ったミュージシャンたちも含まれているのだ。

「世界規模のジャムセッションができる「WholeWorldBand」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

受賞歴のある音楽ヴィデオディレクターで、1970〜80年代に人気を集めた英国のバンド、10ccの元メンバーでもあるケヴィン・ゴドレイは、11月4日から6日にダブリンで開催された「Web Summit」の壇上で、WholeWorldBandアプリを開始したときに思い描いていたのは、人々が楽曲を制作する方法を民主化するようなデジタル・ジャムセッションだったと説明した。

この世界規模のジャムセッションに参加するには、アプリをダウンロードし、好みの音楽を演奏しているアーティストを見つけて、彼らの楽曲に合わせて自分の曲を演奏するだけでいい。新しいアーティストが参加するたびに、彼らが演奏している様子のヴィデオ・モンタージュが形成される。

「仮想スタジオへ行って、自分と友達の録音を行う趣向だ。世界のあらゆる人々を組み合わせることができる」とゴドレイ氏は語る。

このアプリを使っているアーティストは、すでに数千人に上っている。ゴドレイ氏は、たくさんの人々が音楽に参加できるようにしたいと考えているが、新進のミュージシャンたちが活躍する場を見つけられるという点が特に気に入っているという。

「ローリング・ストーンズ」のロン・ウッドや、「ポリス」のスチュワート・コープランド、Passengerなど、ゴドレイ氏が誘ってWholeWorldBandを使うようになったプロのアーティストは数多い。彼らの動機を問われた同氏は、これらのミュージシャンは、未完成の楽曲をたくさん抱えており、新たなインスピレーションが欲しいのだと指摘した。


TAG

MusicShareVideoWholeworldbandWiredUK

たとえば、WholeWorldBandに参加しているあるアーティストは、単にシンプルなリフを録音した話について説明している。その後、学校の子どもたちがそのリフをいじくり回したところ、このアーティストはその成果に非常に感銘を受けた。「彼は子どもたちをスタジオに連れて行き、録音し、それを公開したいと考えている」という。

ミュージシャンだけではなく、ファンがお気に入りのアーティストの楽曲に絡んでもいい。著作権問題はクリアされているので、レコーディング・アーティストたちには、音楽を利用したとして捕まったり、逆に、許可なしに自分の曲を公開される懸念はない。

ジャムセッションに参加するには費用が必要だが、1カ月あたりわずか89セントだ。その際に、楽曲の所有権を共有するか、あるいは有料にするかを決める(自分の提供した楽曲を誰かが使ったときに料金を得るよう設定もできる)。

「これは本当に透明な仕組みだ。アーティストが、スタジオセッションに参加するための条件を自分で設定できる」とゴドレイ氏は述べている。

WholeWorldBandが著作権使用料を取ることはない。各ジャムセッションへの参加料からわずかな手数料を得るだけだ。

詳しい使い方をゴドレイ氏が説明。

TAG

MusicShareVideoWholeworldbandWiredUK