二階堂ふみ“アイドル”は快感、映画のライブ撮影で黄色い声浴び本音。

写真拡大

女優の二階堂ふみと俳優の野村周平が11月9日、HMV record shop 渋谷で行われた映画「日々ロック」のトークショーに登場した。

この日のトークショーは、音楽を中心とした内容。初めてギターを演奏したことについて、野村は「Fのコードが難しかったです。それに演奏だけでなくて、気持ちも乗せなきゃいけなかったので大変でした」と語り、一方、二階堂は「実は高校時代にちょっとギターを触ったことがあって、1か月で頑張りました」と2人とも撮影の苦労を明かした。

それぞれの劇中曲について聞かれると、野村はハチャメチャ感がいいと“脳みそ”を挙げながらも、「でも、全部いいんですよ。選ぶのは難しい!」。また、今までの役柄とは一変のアイドル姿を披露した二階堂も「本当のライブ会場のように撮影したんですけど、黄色い歓声をたくさん浴びて楽しかったです。こんなにも気持ちがいいんだって。ちょっとまたやりたいなぁって思っちゃいますね」と快感だったとの本音も。

また、普段聴いている音楽を聞かれ、「なんでも聴きます」と二階堂。野村はクレイジーケンバンドを挙げ、「最近はこの作品に関わってから、爆弾ジョニーとかThe SALOVERSとか関わっているバンドの曲をいろいろ聴くようになりました。バンドっていいなって思います」。最後には「劇場でライブ感を楽しんで、エネルギーを感じてください!」と野村がコメントし、トークショーを締めくくった。

映画「日々ロック」は11月22日(土)全国ロードショー。