アフロ裸男“ロック”69人踊る、「日々ロック」ヒット祈願イベント。

写真拡大

女優の二階堂ふみと俳優の野村周平らが11月9日、渋谷クラブHARLEMで映画「日々ロック」のヒット祈願スペシャルイベントに登壇した。

野村は「今日は応援に来てくれてありがとう!!よろしくお願いします!」と勢いよく挨拶をすると、二階堂が多くの男性客に対して「私のファンですかね?」と手を振り、客席からは野太い声。そして、劇中、童貞キャラの前野朋哉は「童貞ってゆーな!!」と野次に対して答え、岡本啓佑(黒猫チェルシー)は自己紹介とともに「僕は童貞じゃないです」と大人な対応をみせた。

主演・日々沼を演じて「最後までずっと楽しい撮影だった」と振り返る野村。一方、二階堂は「実は劇中の私服を自分でスタイリングしているんですけど、オリジナリティを大切にしてこだわってます」と意外な撮影秘話も明かした。

入江監督について聞かれると、前野は「入江さんは……Sなんですかね。僕らはMなんすかね……」と撮影が如何に大変だったかを漏らし、会場の笑いを誘うシーンも。

また、演技が初めてだった岡本は野村から「これを機に黒猫チェルシーやめるんでしょ?」と言われると、「今後いろいろやっていきますよ!(笑)」と幅広く活動をしていくことに意欲を見せた。

また、前野が「そろそろあれを……」と切り出すと会場がざわつき始め、「いつまでぼーっと見てるんですか!!!」と前野の掛け声に、今まで観客としていた男性陣が野太い歓声をあげ、主人公の日々沼同様、上半身裸・アフロの姿に。ダンスの助っ人として、人気踊り手のまなこも登場し、会場全体になって、二階堂演じる宇田川咲の楽曲「SUNRISE」のダンスを披露した。

壇上には“犬レイプ”として出演するThe SALOVERSのメンバーや主題歌を担当している爆弾ジョニーのタイチ、モンスターGOGOの店員役を演じた井上ほたてひもも登場し、“ロック”にちなんで69人の上半身裸&アフロの男性と共に一緒にダンス。野村は「僕も踊りたかったですよ!なんで言ってくれなかったんですか!!」と惜しんだ。

さらには、11月14日に21歳の誕生日を迎える野村のバースデーサプライズもあり、舞台上にはケーキが登場。「こういう舞台で一度祝っていただきたかったので、夢が叶って嬉しいです!」と笑顔で話す野村へケーキを一口運んだのは、二階堂ではなく、ザ・ロックンロールブラザーズのメンバーである前野と岡本。2人からいっぱいのケーキを差し出され、口いっぱいに頬張り、「サイコーの誕生日です!」と嬉しそうにコメントした。

また、フォトセッション時には、裸男の勇ましい裸体にキャストが“胸アッツアツの大ヒット”という熱いメッセージを一筆入魂し、本作の大ヒットを祈願して熱いロック魂をしたためた。

映画「日々ロック」は11月22日(土)全国ロードショー。