アウディ「S1 スポーツバック」

写真拡大

アウディ ジャパンは2014年11月5日、コンパクトカー「A1」シリーズのフラッグシップ(旗艦)モデルとなる「S1」「S1 スポーツバック」を発売した。車両本体価格は、「S1」が410万円、「S1 スポーツバック」が430万円。

231馬力の2L直噴ターボ+6速MT

車名は、1980年代に当時の世界ラリー選手権(WRC)で活躍したラリーマシンに由来する。

パワートレインは、2.0リッターTFSIガソリン直噴ターボエンジンと、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。駆動方式はフルタイム4WD「クワトロ」。最高出力は231馬力、最大トルクは370ニュートンメートルを発生し、JC08モード燃費は1リットルあたり14.4キロ。

サスペンションには全面的に改良が施され、フロントはピボットベアリングの位置を変更、リヤは4リンク式の採用により自然なコーナリングを実現した。走行特性を選択できる「アウディ ドライブセレクト」を備え、エンジンレスポンスや可変ショックアブソーバーの設定を変更することもできる。また、標準装備として、フロント310ミリ、リヤ272ミリという大径ブレーキディスクに、18インチアルミホイールと225/35 R18タイヤを採用した。