プロ野球選手のセカンドキャリア 戦力外通告の「その後」の進路とは

ざっくり言うと

  • 調査によると、73.9%の若手野球選手が引退後の生活に不安を感じている
  • 引退後にやりたい仕事については「資格回復の上で高校野球指導者」がトップ
  • 続いて「プロ野球監督コーチ」、「社会人、大学指導者」だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング