乃木坂46らしからぬ?映画完成、秋元真夏はキスシーンにも挑戦。

写真拡大

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が11月9日、初主演を務めた映画「超能力研究部の3人」の完成披露舞台挨拶に登壇。作品への想いを語った。

本作は、清楚で美少女イメージの乃木坂46らしからぬ、超能力とUFOに真剣に取り組む、いけてない地味な女子高生の奮闘を描いた青春映画。監督は「リンダリンダリンダ」「天然コケッコー」などで知られる山下敦弘監督が務めた。

オーディションで選ばれた3人に監督がインスパイアされ、大橋裕之の連作短編漫画「シティライツ」を元に制作が進んでいた矢先に、会議で飛び出した「どうせなら、もっと無理なことしません?」という挑発的発言。これにより、「この脚本でも撮りつつ、この映画を撮っているという、メイキング風 ドキュメンタリーも掛け合わせた一本の映画」とのコンセプトで制作が進められた。

映画「超能力研究部の3人」は12月6日(土)より全国ロードショー。

各コメントは次の通り。

◎秋元真夏(乃木坂46)

(超能力が使えたら?)私はこの3人の中ではすごく超能力を信じている方だと思うのですが、撮影中に山下監督が私に言ってくれることは(監督も演技をしているので)どれが本当かわからなくて。山下監督の心を見抜ける超能力がほしいなと思います。

(キスシーンがありましたが?)最初、「私がキスシーンをやるなんて大丈夫かな」と思って、2人(生田さんと橋本さん)に話した時も「大丈夫なの!?」と言われて、ファンの方にも握手会のときに「オレのまなったんがどうしよう!!」と言われたりして、今も心配な方がいっぱいいるのかなと思ったんですけど(笑)。見る前なのであまり詳しくは言えませんが、キスシーンももちろん見どころで、それを取り巻く、山下監督を中心に繰り広げられている熱演も見てほしいです。

◎生田絵梨花(乃木坂46)

(超能力が使えたら?)方向音痴なので、ナビの超能力がほしいです。携帯のナビを使っても目的地にたどり着けなくて自分の中にナビの能力を埋め込んで指示してもらえたら嬉しいなと思います。

(演じた)育子という人物像は出会ったこともないし、自分の引き出しになかったので演じるのが難しかったです。現場で監督にアイディアをいただいたりして作っていきました。普段と違う言葉を叫んだりするのは清々しくて楽しかったです(笑)。この作品はドラマ部分とフェイクドキュメンタリー部分があって、私たちの葛藤する場面も見てもらえると思います。悩んでいる姿は本当の気持ちで挑んでいるので、普段のアイドルじゃない私達の姿も楽しんでもらいたいです。クエスチョンと笑いをもって見てもらえたら嬉しいです。

◎橋本奈々未(乃木坂46)

(超能力が使えたら?)すれ違った人みんなを操れる力がほしいです(笑)。出会った人全員に、「12月6日の公開日に映画館に行って!」という指示を送りたいなと思います。

(劇中で秋元さんと生田さんの)2人がもめて取り持つ役ということで、お芝居といえど2人が衝突してわだかまりが解けたことで急速に仲良くなっていて。クランクインするまでは2人が絡むのをあんまり見たことがなかったのですが、すごく仲良くしていてうらやましかったです。

(生田&秋元「元から仲良しだったよ!!笑 より絆が深くなったんです!」 橋本「意識して見たことがなかった、っていう意味だよ!」と結局仲良しな3人)

どこを見てほしい、と言いたいのですが全部見てほしいので、、超能力で私達の本心を探ってみて下さい!

◎山下敦弘監督

自分が監督として作ったんですけど出演者でもあり、作りながら3人と同じで「この映画はどうなるんだろう」と混乱しながら作っていました。アイドルとしての3人の魅力を映画にしたことだけは間違いないので、3人を見てもらえれば楽しめると思います。編集していて僕自身、どこまでが芝居でどこまでが本物の彼女達かわからない位で。そこに引っ張られてこの映画はできたと思うので、とにかく彼女たちを楽しんでください。