<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇9日◇シャーシャン・インターナショナルGC>
 中国のシャーシャン・インターナショナルGCで開催された「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終日。3日目に1打差の単独2位に入り、優勝が狙える位置で最終日を迎えた岩田寛。前半でボギー2つとスコアを後退させるが、後半は持ち直し最後まで優勝争いに絡んだ。
「HSBCチャンピオンズ」のリーダーズボード
 岩田は2番パー5でボギーが先行すると、9番でもボギーとしてしまい2つスコアを落とし後半へ。ハーフターン時に首位との差は4打差にひらいたが、バックナインでは11番でバーディを獲ると、13番からは連続バーディを奪取。15番ではボギーを叩くも、他の上位陣も伸び悩み、首位と1打差で迎えた最終18番。バーディが獲れればプレーオフに持ち込めたが、パーで終戦。惜しくも1打及ばず、日本人による世界ゴルフ選手権初制覇は持ち越しとなった。
 この大会には繰り上がりで出場。当初は出場権がないところから、誰も予想しなかった上位フィニッシュ。年末には米国のウェブドットコムツアー最終予選会に出場予定だが、それに向け大きな自信を手にした。
 なお、プレーオフを制したバッバ・ワトソン(米国)が優勝し、ツアー通算7勝目を挙げた。その他の日本勢は松山英樹がこの日スコアを3つ落としトータル3オーバーの41位タイ、竹谷佳孝はトータル18オーバー73位タイで4日間の競技を終えた。
【最終結果】
優勝:バッバ・ワトソン(-11)※プレーオフ
2位:ティム・クラーク(-11)
3位T:リッキー・ファウラー(-10)
3位T:グレアム・マクドウェル(-10)
3位T:岩田寛(-10)
6位T:イアン・ポールター(-9)
6位T:トービヨン・オルセン(-9)
6位T:マーティン・カイマー(-9)
9位:マーク・リーシュマン(-8)
41位T:松山英樹(+3)他
73位T:竹谷佳孝(+18)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>