ジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

 プレミアリーグ第11節が現地時間8日に行われ、チェルシーがアウェイでリバプールと対戦して2-1で勝利を収めた。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督はインタビューに対して「我々は秋の王者だ」とチームを称えた。

 2位サウサンプトンも好調を維持し、今節もレスターに2-0で勝利したが、それでもチェルシーが勝ち点4の差をつけ首位を走っている。

「タイトルを勝ち獲る絶好のチャンスを得ている。だが、アーセナル、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、サウサンプトンも優勝争いをしている」

 今季、“ブルーズ(チェルシーの愛称)”はカップ戦も含め、未だ無敗をキープ。リーグではすでにシティ、アーセナル、ユナイテッド、リバプールといったビッグクラブとの試合を消化している。

 それでもモウリーニョは無敗優勝の可能性については「シーズンを通して無敗をキープするのは不可能」と冷静に語っている。

「ネガティブな瞬間はいずれやって来ると分かっている。いつかは敗れる。私たちはそのためにしっかりと準備している」

 インターナショナルウィークを挟んだ次節、ホームで昨季2分け(ホーム2-2、アウェイ1-1)と勝利のなかったウェスト・ブロムと対戦する。

text by 編集部