撮影:川野結李歌  完成して発売された手帳を前に(左:三戸なつめ/右:青柳文子)

写真拡大

前回のインタビューで、自分たちがプロデュースした手帳を熱く語ってくれたおふたり。ついに11月1日、青柳文子さんの「日々」、三戸なつめさんの「14ヶ月の住人たち」が発売になりました。

【写真満載】サイン会での笑顔も!完全版の記事を見る

そして、11月3日には、TSUTAYA TokyoMidtownt店で「限定版・サイン本お渡し会」を開催。図ったように、ちょっとクラシカルでシックな秋色ワンピースで登場したおふたりですが、「偶然似た感じになりました」とのこと。来年1年間、彼女たちの手帳と過ごしてくれるファンとのドキドキのご対面の直前の彼女たちを直撃しました!

――今日、ファンの方にお渡しする<限定版>には、特典が付いていますが。

青柳 「私の『日々』には、ボールペンと付箋帳が付いています。私自身も打ち合わせのときに付箋をよく使うので、「オリジナルの付箋があるといいな」と思って。付箋帳を開けると「Have a nice日々」と書いてあるのですが、それが「よい1日を」より、なんだか大きなことを言っているようで気に入っています」

三戸 「私の『14ヶ月の住人たち』には、ボールペンとポストカードが付いています。手帳の中の月ごとのキャラクターのポストカードなんですけど、私自身がポストカードを集めているのと、高校生のときにカバンの外ポケットに入れてファッション・アイテムにしていたので、いろんな使い方ができるなって思って。お気に入りのキャラクターである「三月じいさん」では、しおりも作りました。このしおりをぶら下げてもかわいいと思います。

――出来上がった手帳に、まっ先に書き込みたい予定は?

三戸 「12月12日に東京、12月16日には大阪でライブがあるので、それを!」

青柳 「今、雑誌を作っているんですけど、発売日がまだ決まっていないんです。その発売日を早く書き込みたいですね」

――来年1年間、この手帳と一緒に過ごしてくれるファンの方にメッセージをお願いします。

青柳 「年を経るにつれて思うんですけど、1年間って本当に早く過ぎてしまいますよね。今があるのは日々の積み重ね。たまに振り返ったときに、“私、こうやってちゃんと生きてきたんだな”っていう満足のいく日々を過ごしてほしいし、手帳に残しておきたくなるような暮らしをしてほしいと思っています」

三戸 「とにかく、楽しんで手帳を使ってほしいですね。日々の生活の中でストレスを感じることもあると思うけど、私のユルい手帳を見て癒されたり、“三月じいさんまで頑張ろう”って思っていただければうれしいです」

TSUTAYA TokyoMidtownt店内で行われた「限定版・サイン本お渡し会」では、手帳を購入したファンひとりひとりに「お名前は?」と聞いて、名前入りのサインをしてくれました。ファンの方には1対1でゆっくりと話せる貴重な時間となったようですが、この素敵な思い出を手帳に書き記してくださいね!

この「限定版・サイン本お渡し会」は11月5日(水)TSUTAYA BOOK STORE TENJIN店(福岡)に続き、11月15日(土)にはTSUTAYA EBISUBASHI店(大阪)でも行われます。参加方法の詳細は、TSUTYA特設サイトにてチェックを!

来年の手帳をまだ購入されていない方は、自分自身の素敵な1年のために、そしておふたりとの素敵な時間を過ごすためにも、ぜひ、ご参加ください!