元宝塚の夢華あみ、本名の則松亜海で舞台復帰―2015年『タイタニック』に出演決定

写真拡大

 元宝塚歌劇団雪組の則松亜海さんが、2015年3月から公演されるミュージカル『タイタニック』で宝塚退団後初の舞台出演をすることがわかった。

 なお、『タイタニック』公式サイトでは、宝塚歌劇団時代の芸名「夢華あみ」ではなく、本名の「則松亜海」で記載されており、配役はケイト・マクゴーワン〈三等客〉と発表されている。

【関連:宝塚雪組に新トップ誕生―大劇場お披露目の『ルパン三世』特設サイト公開】

ミュージカル『タイタニック』の公式サイトより

ミュージカル『タイタニック』の公式サイトより

 則松さんは2010年に96期生首席として宝塚歌劇団に入団。同年雪組に配属され、配属後1作目の新人公演『ロジェ』でヒロインに抜擢された。また翌年2011年『ロミオとジュリエット』ではヒロインのジュリエット役にダブルキャストの1人として抜擢をされるなど、将来を有望視される娘役の1人だった。ところが2014年『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』にて退団。在団中から、歌唱力演技力共に評価が高く、ファンからは一般での舞台復帰が強く待ち望まれていた。

 ミュージカル『タイタニック』はBunkamura シアターコクーンで2015年3月14日から3月29日公演。梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで4月1日から4月5日公演される。チケット一般発売は1月17日から行われる。