さすが兄弟、息がぴったり!(撮影:ALBA)

写真拡大

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 3日目◇8日◇美浦ゴルフ倶楽部(6,968ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」3日目、全選手ホールアウト後にチャリティオークションが開催され、宮里兄弟がイベントの司会としてギャラリーを沸かせた。
首位の近藤共弘“パターが良いとゴルフが楽”
 メイン司会はホストプロの弟・優作。その優作を盛り立てるように兄・聖志が合いの手を入れる絶妙なコンビネーション。その姿はまさに兄弟漫才コンビ“宮里優作・聖志”だ。
 特に聖志は宮本勝昌のバイザーにサインが入っていないことを知ると練習場まで走っていきサインをねだったり、松村道央の商品に“1万円!”の声が上がると、「松村のですよ、そんなに出していいんですか?」と後輩プロをうまく出しに使い、ギャラリーを笑わせるなど奮闘。2人の活躍により合計255,000円のチャリティ金が集まった。  
 気になる落札ランキング上位5名はこちら。
 ●1位 36,000円 宮里優作 キャディバッグ&キャップ
 ●2位 35,000円 宮里聖志 パター&ボール&バイザー
 ●3位T 22,000円 池田勇太 ウエア2点セット&ボール&バイザー&グローブ
 ●3位T 22,000円 深堀圭一郎 パター
 ●5位 20,000円 石川遼 グローブ
<ゴルフ情報ALBA.Net>