写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で7日、"願い"をテーマにしたクリスマスのスペシャルイベント「クリスマス・ウィッシュ」がスタートし、今年からウォーターフロントパークに場所を移した「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」では、ディズニーの仲間たちがダンサンブルなパフォーマンスでステージを盛り上げた。

「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」は、7つのテーマポートからそれぞれのクリスマスツリーを運んできたディズニーの仲間たちが、ツリーの飾り付けをしながらクリスマスパーティーを開き、ダンスで盛り上がるショー。はじめに、雪の結晶がデコレーションされたステージ前にミッキー、ミニー、プルートが登場し、これから始まるパーティーにワクワクドキドキしているところから幕開けした。

そして、各テーマポートの仲間たちが次々に登場し、ツリーの飾り付けを開始。ドナルドやデイジー率いるグループ、ピノキオやマックス率いるグループ、また、ジーニー率いるアラビアンコーストの仲間たちも飾り付けを始め、ミニーの掛け声で、マリーとクラリスも歌い踊りながら、リボンのモチーフでかわいく飾った。アリエル、グーフィーらも登場した後、最後にチップとデールが現れ、「一番かっこよく飾るよ!」と自信満々にツリーを仕上げた。

続いて、ミニーの提案で7本のツリーをステージに並べることに。デイジーがドナルドに「自分たちのツリーを一番目立つところに飾って」とキッスでお願いすると、ゲストからは大きな歓声があがった。自分たちのツリーをステージの真ん中に置いて、デイジーの願いをかなえたドナルドだったが、その直後に、デイジーから肝心のツリーの飾りつけをしていないと言われて慌てるユーモラスな一幕も見られた。

ステージに7本のツリーが並んだところで、パーティーはクライマックスに突入し、ディズニーの仲間たちやダンサーがステージを降りて、ゲストの目の前で歌とダンスを披露。会場中央で全員が一列に並び、息のあったラインダンスとウェーブを披露すると、ゲストのテンションは最高潮に達した。その後、一転して音楽はロマンティックなムードへ。上空から雪が舞い散る中、全員でクリスマスをお祝いした後、再びダンスでフィナーレを迎えた。

東京ディズニーシーの「クリスマス・ウィッシュ」は、12月25日まで開催。クリスマスのデコレーションや初登場のイルミネーションに彩られたパーク では、「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」のほか、今年初開催のグリーティングショー「カラフルホリデーグリーティング」、幻想的な水上エンターテインメント「カラー・オブ・クリスマス」が行われる。

ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート公演場所:ウォーターフロントパーク公演時間:約25分(1日3回)出演者数:約60人取材・文:十倉和美 撮影:蔦野裕