人工知能トイカーのレースゲーム「Anki Drive」:最新動画

写真拡大

「人工知能によって毎秒約2,000回の判断を下すトイカー」を使ったレースゲーム「Anki Drive」。成長を続ける同社の現状を紹介。

「人工知能トイカーのレースゲーム「Anki Drive」:最新動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

2013年秋にアップルが開催した開発者会議「WWDC」で、ティム・クックCEOがトイカーのレースゲームを提供する新興企業Anki社を紹介した(日本語版記事)のを覚えているだろうか。

Anki社の共同創設者でもあるハンス・タペイナー社長は、オーストリアのウィーンで2014年10月に開催された「Pioneers Festival」で登壇し、「3年前は4人だったのが、いまでは72人になった」と語った。

トイカーのレースゲーム「Anki Drive」は現在、カナダ、米国、英国で販売されている。Anki社は『TIME』誌の投票で2013年の発明トップ25に選ばれ、同社はシリコンヴァレーのサクセスストーリーだと持ち上げられている。

タペイナー氏と友人らがAnki Driveのアイデアを思いついたのは、ペンシルヴェニア州にあるカーネギーメロン大学で博士号を取得するべく、「とても巨大なロボット工学システム」に取り組んでいたときのことだった。ロボット工学を一般消費者向けに生かす方法を考えていて、「ヴィデオゲームとリアルな玩具の間のギャップ」を埋めようと思いついたのだという。

Anki Driveには、非常に賢いソフトウェア、カメラ、光学エンコーダーの組み合わせが用いられている。全長8cmほどの車体は安価な部品でつくられており、その分、ソフトウェアは複雑なものにしなければならない。

タペイナー氏によると、Anki Driveでは、「どのクルマも28,000行のコードで走って」おり、人工知能によって毎秒約2,000回の判断を下しているという。

同氏によると、Anki社が販売を始めてから過去1年間の総走行距離は550,000km。この間、各家庭のレースで、トイカーが人工知能(AI)を利用して行った判断の総数は約11兆9,000億回に上るとのことだ。

TAG

AnkiDriveiOSToyVideoWiredUK