ポルシェ「カイエンGTS」

写真拡大

ポルシェジャパンは2014年11月8日、新型「カイエン」「カイエンGTS」の予約受け付けを始めた。希望小売価格は、「カイエン」が859万909円、「カイエンGTS」が1389万2727円。

今月のLAモーターショーでワールドプレミア

「カイエンGTS」は、3.6リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。「カイエンS」の新しいパワーユニットをパフォーマンス重視で最適化したもので、V型8気筒自然吸気エンジンを搭載した先代モデルと比べ、最高出力は20馬力高まり440馬力に、最大トルクは85ニュートンメートル増大して600ニュートンメートルとなった。

スポーティーなエクステリアは標準装備として、「カイエンターボ」と同じ大型エアインテークを備えるフロントセクションとスポーツデザインパッケージがある。このパッケージでは、輪郭が際立つサイドシルとホイールアーチエクステンションに加え、ルーフスポイラーとリアロアパネルもボディーカラーと同色に塗装される。また、インテリアには、8way電動調節機能が組み込まれたレザー/アルカンターラ仕上げのGTSスポーツシートを備える。ヘッドレストにはGTSロゴがあしらわれた。

一方の「カイエン」は、最高出力300馬力を発生する3.6リッターV型6気筒自然吸気エンジンを搭載。オートスタート/ストップ機能とコースティング機能を備えるトランスミッション「8速ティプトロニックS」に加え、パドルシフト付きマルチファンクションスポーツステアリングホイールやオートマチックテールゲートなどを標準装備する。

両モデルとも今月米国で開催される「ロサンゼルスモーターショー2014」を「ワールドプレミア」の舞台として世界初公開される。