スピーチするマララ・ユスフザイ。演卓にはレーニンとトロツキー(「Democracy Now!」より)

写真拡大

 マララ・ユスフザイは、女性や児童が教育を受ける権利を訴え、イスラム武装組織タリバンに銃撃され命を危うくする状況におかれてもその主張を貫いていることで、世界中から支持を集め、ノーベル平和賞を史上最年少で受賞した。

 一方、これに対してネット上では、マララは、CIA工作員、イスラエルの支援を受けている、イルミナティのメンバー......などなど、各種の陰謀論が飛び交っている。

 もちろん、これらは世界をイスラムvs西洋といった雑駁な対立構図でしかとらえることができず、明晰な知性と強靭な精神をもった若者の出現を、どうしても誰かに操られているということにしなければ理解できない者たちの妄想にすぎない。

 マララの訴えはそのような単純な図式化を超える膨らみをもったものだ。

 マララの思想的出自は、日本ではまったく伝えられていない別なところにある。それは、歴史上いつも、社会矛盾に直面した若者たちの武器となってきた思想だ。

 2013年にパキスタンで開催されたInternational Marxist Tendency(マルクス主義国際潮流 略称:IMT)の会議で、英国滞在中のマララ・ユスフザイから送られたメッセージが読み上げられた。

 マララはこう断言する。「社会主義が唯一の答えだと確信しており、この戦いを勝利の結末に導くよう全ての同志に呼びかけます。これのみが私たちを偏見と搾取の連鎖から解き放つのです」と。また、「社会主義とマルクス主義に導き、昨年のマルキスト・サマー・スクールで話す機会を与えてくれたIMTに感謝する」とも述べている。さらにこの会議には、マララが銃撃されたときにバスに同乗していた親友も出席していた(IMTのHPより)。

 また、ニューヨークの独立放送局Democracy Now!は、マララのこの発言を紹介するにあたって、レーニンとトロツキーのポスターを掲げた演卓でスピーチするマララの写真を掲載している。

 マララはCIAやイスラエル、ましてやイルミナティのメンバーなどではなく、社会主義のシンパサイザーなのだ。

 こういうとすぐに、社会思想史も国際情勢も学ぼうとしたことのないやつらが、「サヨクだ」「アカだ」と騒ぎ立てる姿が浮かんでくる。やつらには社会主義とはソ連や中国などの強権的な国家体制のことだという程度の認識しかないからだ。マララに影響を与えた社会主義はそういうものとは異なっている。社会主義思想とはもっと多様なものだ。

 マララの接した社会主義について検討してみよう。そうすれば社会主義の拡がりと、マララの思想の奥行きを知ることができるはずだ。

 一本のペンと一冊の本が人類の未来を切り開くことを訴えた、2013年7月の国連演説に、マララは故ベナジル・ブットが遺した白いショールを頭に巻いてのぞんだ。それはもちろんブットの遺志を継承することを表明したものに他ならない。

 では、ブットとは何者か。ベナジル・ブットは、1988年第二次大戦後イスラム国家ではじめて女性の首相になったが、2007年にイスラム原理主義とみられる勢力のテロによって暗殺されている。彼女が率いていたパキスタン人民党こそが社会主義を掲げる政党なのだ。パキスタン人民党の掲げる社会主義は、イスラム社会主義との解説を加える資料もあり簡単に語りきることは困難だが、参加していた国際組織である社会主義インターナショナルを見れば、その国際的、歴史的位置がわかる。

 社会主義インターナショナルは国際共産主義組織コミンテルンに対抗してつくられたことからもわかるよう反共・反ソ連がひとつの結集軸になっていた。ソ連の影響下にある社会主義国東ドイツが存在していた時代の西ドイツ政権与党である社会民主党も社会主義インターナショナルに加盟していた。いまとなっては日本ではこの程度のこともわからなくなってしまっているだろうから注記しておくと、ソ連が主導する社会主義と異なる社会主義思想があるということだ。こうしたヨーロッパに広く浸透した穏健な社会主義は社会民主主義と呼んだ方が精確だろう。

 このパキスタン人民党の社会民主主義が、マララの社会主義のルーツのひとつであることは間違いない。

 もうひとつの流れは、マララがメッセージを寄せたマルクス主義国際潮流(IMT)だ。

 冒頭に紹介したレーニンとトロツキーの肖像が貼られた演卓もIMT関連の会合に置かれたと推測される。ポスターにこの二人しか登場しないことに、どのようなマルクス主義の系譜に属する組織であるかということが見てとれる。ソ連型社会主義をとっているなら、トロツキーでなくスターリンの肖像でなくてはならない。近隣国ネパールのようにマオ派の影響が強いなら毛沢東でなければならない。トロツキーはレーニンに並ぶロシア革命の立役者でありながらスターリンと対立してソ連を放逐され、後に暗殺された革命家だ。

 IMTは既存の社会主義国家が扼殺してしまった革命の可能性をトロツキー思想に見出すトロツキスト組織なのだ。マララが支持を表明する社会主義とは、既存の社会主義国を超克し、国際的な連帯のなかで新たな革命の像を追求する組織にもつながりを持っている。

 マララが考える社会主義がどんなものかは、彼女が明示的に語っていないなかでは、これ以上はっきりとはつかめない。ただ、マララがこの社会の矛盾と困難を解決する唯一の手段として社会主義を支持していることだけははっきりしている。

 したがって、マララがアメリカやイスラエルの手先であることはあり得ない。また、多くのひとが理解しているような、頑迷蒙昧なテロ集団を批判する民主主義者でもない。

 先進資本主義国をもふくめたこの世界のあり方を根本的に変革することが、マララの訴えなのだ。
(左巻き書店店主・赤井歪)

●左巻き書店とは......ものすごい勢いで左に巻いている店主が、ぬるい戦後民主主義ではなく本物の左翼思想を読者に知らしめたいとリテラの片隅に設けた幻の書店である。