10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(16)

トレセンスタッフに聞く、メダリストが生まれる理由(2)

 体操ニッポンの復活―――

 その背景にあったのは、充実した施設と素晴らしい練習環境だった。とりわけ大きかったのが、器械器具だ。体操の器械器具は、すべて世界レベルだった。実は、それこそがNTCのコンセプトなのである。そのため体操以外の他競技の設備、器械器具もすべて「世界基準」になっている。

「敷地が狭いので観客席は作れませんが、観客席があったら、世界大会を開けるような施設を作ろうというのがコンセプトなのです」。JOC強化部の笠原健司氏は、そう言う。

 そのこだわりは「完全コピー」だという。例えばテニスコートは、グランドスラム大会、それぞれコートのサーフェスがまったく異なる。そして、このトレセンには全米、全仏とまったく同じサーフェスのコートがあるのだ。全仏(ローラン・ギャロス)はクレーコートだが、わざわざフランスから同じ土を運び。コートとコートの間やエンドラインから後ろの壁までの距離も全仏会場とまったく同じサイズにした。

「コートは国際ルール通りのスペックにして、コート間の距離など細かいルールをすべて忠実に実現したんです。そうしないとトレセンは狭いけど、大会会場は広かったとか、そういう空間の違いに選手が戸惑ってしまう。彼らが戦う空間と同じじゃなければ意味がないんです。だから、ここは実際のサイズだけではなく、空間の感覚も現地と同じにしています。すべてが世界基準なんです」

 空間で言えばNTCは、異なる競技者たちが交わる特別なエリアが作られている。例えば、3階のフロアは体操、バレー、バトミントンの施設が入っている。似た競技を同じフロアにしてしまうとお互いを意識してしまう。だが、完全に異なる競技を同じフロアに置くと「こんなボールを使っているんだ」と、自然と会話ができるようになる。そういう環境を整えるために、体操の選手とバレーの選手が休憩する場所を同じにして、そこを「アスリートラウンジ」と称して開放しているのだ。

「異競技の選手が交わることが五輪で大きな力になるとはそれほど思えないんですが、他競技だからとお互いにソッポ向いているのもおかしな話じゃないですか。違う競技のことを理解できれば選手としての見識が広がるし、人間の幅も広がると思うんです。最初は、共有スペースを作ったらいくつかクレームがありましたが、今はそれぞれすごく仲良くなって、プラスに作用していますね」

 その効果が最初に見られたのが、2008年の北京五輪だったという。NTCは完成したばかりで半年程度の利用だったが、笠原氏はそこで今までになかった光景を目にした。

「アテネ五輪の時は、例えば水泳チームは競泳とシンクロとかチームごとにバラバラに行動していたんです。でも、北京五輪では、体操チームが宿舎から会場に向かう時、レスリングの選手たちは『がんばってよ』と声をかけていた。違う協議の選手同士が非常に仲が良かった。つまり『チームジャパン』になっていたんです。短い時間でしたけど、同じ釜のメシを食べ、生活していくうちに連帯感が生まれてきたんです。これが、複合施設の特徴なんだなって思いましたね」

 この"チームジャパン"の意識はロンドン五輪でもそれぞれの選手の中に育まれ、それがメダル大量獲得という快挙に繋がったひとつの要因でもあった。単純に練習する場だけではなく、そうした意識を育み、それを戦う力に変換していくのは、NTCの狙いのひとつでもあったのだ。

 現在、NTCは、2020年東京五輪に向けてアカデミー3事業に取り組んでいる。

 1つめは「コーチアカデミー」である。シドニー五輪(2000年)で、柔道無差別級、篠原信一選手が決勝で誤審を受けた時、コーチ陣は主審に抗議をしなかった。正確に言えば、できなかった。異義がある場合はその場でしなければならないのだが、コーチは英語が話せないので、正式な抗議できなかったのだ。こうした語学を含め選手のために世界レベルで指導し、世界で戦えるコーチを育成している。

 2つめは「キャリアアカデミー」である。アスリートに一般常識を教えたり、セカンドキャリアの支援をしたり、また現役選手のためのキャリアアップなどを計る事業だ。

 3つめは「エリートアカデミー」である。これは世界で活躍し、金メダルを取れる選手を育成する事業である。中学、高校の6年間、NTCで生活し、365日、学校と練習という 日々を送る、まさにエリート養成「虎の穴」である。現在、レスリング、卓球、フェンシング、飛込み、ライフル射撃の5競技、計52名がエリートアカデミーに所属している。

「エリートアカデミーがスタートしたのは2008年でした。メダリストは一朝一夕では作れないですし、スターを待つのではなく、作っていかないといけない。そう、思ったからです。でも、最初はホームシックで毎日泣く子が出たり、途中でリタイヤしていく子もいました。その一方でメダリストになるためにすごく努力している子もいます。今は、リオ五輪の結果を見て、各競技団体でエリート養成事業を進行していった方がいいのか、それともJOC主導ですべきなのか、見極めていく予定です」

 NTCは、日本のトップアスリートのための施設であり、東京五輪に向けて様々な事業を展開しているが、地域密着にも積極的に取り組んでいる。というのもこの地は元々、野球などができるグラウンドで区民の憩いの場だった。そのためNTCを作る時、猛烈な住民の反対運動が起こった。実際、笠原氏が各地区の住民説明会に出向くと怒号が飛びかい、灰皿が飛んできたこともあったという。

「区民の憩いの場に一般の人は入れませんという施設を作れば、嫌な気持ちになるのは当然です。それでも、都議会や区民の説明会で丁寧に説明し、『北区からメダリストを出して、喜びを分かち合いましょう』と必死に訴えていくと、徐々に支援が広がっていきました。ただ、施設は一般の人に開放するわけにはいかないので年に1度、体育の日に無料開放して、内村選手が体操を教えたり、入江選手が水泳を教えたりする「お祭り」をしています。その他にも北区、板橋区の区民のみなさんだけを対象にした定期的な見学会を開いています。北京五輪後は、北区限定でメダリストとの握手会を極秘にやりました。今では、商店街でNTCを応援してくれたり、目の前の通りを板橋区が「アスリート通り」、北区が「ルート2020」という通りするとか、赤羽駅と十條駅をモニュメントで飾りたいとか、いろんな提案をいただくようになりました。こうした地元を巻き込んだ大きな盛り上がりが、メダリストを育てる相乗効果になれば、いずれ西日本方面にもNTCができるのも夢ではないと思っています」

 NTCでは、東京五輪に向けて地元を巻き込んでメダリストを生み、応援するという気運をうまく高めている。笠原氏は、その東京五輪をどういう位置付けとして考えているのだろうか。

「ロンドン五輪でホップしているので、東京五輪ではステップして、その後ガタガタと崩れないようにしたいですね。なぜ、そんな危惧を抱いているのかというと1964年東京五輪以降、国際競争力が落ち、日本スポーツが冬の時代を迎えたからです。たぶん、2020年の東京五輪では、予算を含めて国がバックアップしてくれるし、国民も応援してくれるでしょう。でも、『歴史は繰り返す』と言われています。大事なのは、東京五輪後の2024年の五輪なんです。国の協力がなくなるアウェーの五輪で、底力を発揮してメダルを取れるかどうか。せっかくホップしたので東京五輪をステップにして、五輪後に大きく飛躍するようにしたいですね」

 これからは、メダル争いがより熾烈(しれつ)になると言われている。スポーツ大国のアメリカ、中国、ロシア、ドイツだけではなく、南米、アフリカ、東南アジアなどが力を付けてきたからだ。以前は3つあるメダルを5ヵ国で争っていたが、これからは10ヵ国で争うようになるだろう。日本が世界列強国とのメダル争いに負けない競争力をつけていくためにはNTCの施設の充実と育成強化を継続し、展開する事業を成功に導くことがより重要になってくるはずだ。

佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun