10月特集 東京オリンピック 1964の栄光、2020の展望(15)

 2020年に東京五輪が決まり、各スポーツで若手の強化が盛んになっている。そんな中、東京五輪での活躍が期待される若手として、フェンシング界からは宮脇花綸に注目してみた。

 今年8月(16日〜28日)に中国・南京で行なわれたユース五輪(14歳〜18歳の選手が出場)。同大会のフェンシング女子フルーレで銀メダルを獲得し、2020年東京五輪のメダル候補として一躍注目を集めた選手がいる。高校3年生の宮脇花綸(みやわき かりん・17歳)だ。

 昨年からシニアのナショナルチーム入りをし、グランプリや世界選手権に出場。さまざまな舞台で経験を積み、着実に力をつけてきた。今年4月の世界ジュニア・カデ選手権(ブルガリア)でも、カデ(18歳未満、以下U18)で8位、ジュニア(U20)では3位に入った。7月には、世界のトップ選手が集うシニアの世界選手権(ロシア)にも出場。昨年は団体戦のみの出場だったが、今年は個人戦にも出場し、日本勢でただひとりベスト32に進出。30位という結果を残した。その後、冒頭で記したとおり、ユース五輪で銀メダルを獲得。9月のアジア大会ではフルーレ団体で銅メダルを手にして、個人戦でも準々決勝進出を果たした。

 圧巻だったのは、その個人戦の準々決勝である。惜しくも敗れたが、優勝した韓国のチョン・ヒスク(世界ランキング8位)相手に激戦を演じたのだ。

 フェンシングは、1ラウンド3分間の勝負を3ラウンド行なって、どちらかの選手が15点を先取すれば、たとえ1ラウンドでもその時点で試合は決着する。逆に、3ラウンドを消化してどちらの選手も15点に満たなければ、その時点でリードしていたほうが勝者となる。「私は、そんなにアタックでポイントを取るタイプではありません。ゆっくり、ゆっくりと(ゲームを)組み立てて、3ラウンドまでもつれさせる戦いを得意としています」という宮脇は、格上の相手をロースコアゲームに誘い込んだ。そして、3ラウンドを終えて11対11として、延長戦での一本勝負(先にポイントを取ったほうが勝ち)という展開にまで持ち込んだのだった。

「(チョン・ヒスクと戦った)準々決勝では、途中から流れがすごくよくなったんです。それで、一時はリードすることができたんですが......。ユース五輪決勝と同じように、リードしていたのに(終盤に)まくられて負けてしまいました。ただ、これまで遠いと思っていた世界のトップが近くに見えるようになったのが収穫でした」

 宮脇が格上の選手とも戦えるようになったのは、「ゆっくりとゲームを組み立てる」という自分の形を見いだすことができたからだろう。

「ディフェンスをしっかりやるスタイルになったのは、最近ですね。以前は攻撃的にいったり、無闇に突っ込んだりしていましたが、いろいろなことを試してきた結果、今の自分にいちばん合っているのは、このスタイルなのかな、と思っています。太田雄貴選手(※)は振り込みに優れたアタック系ですし、三宅諒選手(※)は接近戦がうまかったりしますけど、私の場合は、相手に合わせるというのが自分の持ち味だと思います。相手の裏をかいたり、隙を突いたりして。今後はもう少しスピードをつけていきたいという思いはありますが、今はこのスタイルに徹して、泥臭い一本でも、きれいな一本でも、同じ一本と思ってやっていきたい」
※2010年北京五輪、フルーレ個人銀メダリスト、2014年ロンドン五輪ではフルーレ団体銀メダリスト
※2014年ロンドン五輪、フルーレ団体銀メダリスト

 自分のスタイルについて、冷静に分析する宮脇。そもそも、彼女がフェンシングを始めたのは、5歳のときだった。5歳上の姉が家の近所にあったフェンシングスクールに通い始めて、その送り迎えについていくうち、気がついたら剣を握っていたという。

「幼い頃は男の子と遊ぶことが多くて、サッカーや(アニメでは)ヒーローものが好きでした。ただ走るというのは苦手だったんです。自分はマイペースで、周りの人を見てバランスをとるようなことができないタイプでしたから、団体競技にも向かなかったと思います。でも、点を取って相手を負かしたり、強い相手に勝ったりすることは好きでしたから、フェンシングにハマったのかもしれません。今では、スピードだけでなく、体力や戦術、見せ方など、フェンシングはいろいろな要素が複雑に絡み合って、それがうまく合致することでいい結果につながるので、すごく奥が深くて、やればやるほどハマるスポーツだな、と思っています」

 フェンシングの魅力に目覚めた宮脇は、小学4年生のときに全国大会で優勝。5年生で日本代表となり、フランスで開催された『マラソンフルーレ』に参戦。この大会を含め、海外の大会に毎年のように出場するようになった。そして、男子は400人以上、女子も300人近い選手が出場する、この『マラソンフルーレ』において、中学2年生のとき、ミニム(U14)の部で準優勝。翌年、中学3年のときはカデの部(U17)で優勝した。

 そうした実績から、中学3年生になると、ナショナルトレーニングセンターで練習するようになった。そこで、当時ナショナルチームのヘッドコーチだったアンドレア・マグロ氏の目に止まった。才能を認められた宮脇は、より海外に遠征する機会が増えたという。

 このころから、宮脇自身もフェンシングのために環境を整えるようになった。

「小、中学校と同じ学校に通っていて、高校もその学校に進学するつもりでいました。でもそうすると、大学進学の際に受験をしなければいけない。高校3年生になったら、フェンシングをやめなければいけないと思ったんです。それで、フェンシングを含め、自分の将来を考えて、大学受験のない今の学校を受験したんです。その選択はすごく良かったと思っています。新しい友だちもできたし、小中学校のときの友だちと今でも仲がいいから、母校がふたつある気分なんです」

 そうは言っても宮脇は、フェンシングのためだけに進学する高校を決めたわけではない。科学や数学が好きな彼女は、大学では理工学部に進もうと、入学当初は勉強も精一杯がんばろうと思っていた。が、高校1年生の冬、日本フェンシング界の第一人者である太田雄貴と話をする機会を得て、宮脇の意識は劇的に変わった。

「太田選手と最初に会ったときは、衝撃的でした。(五輪で)メダルを獲るべくして獲った人だな、と思いました。その際、太田選手に言われたのは、今後のビジョンを紙に書いてみて、ということでした。それで私は、(そのときから)5年後の世界選手権に出るとか、2020年のオリンピックに出たいとか、最低限のことだけを書いたんです。そうしたら、その(目標達成の)ためにはどうしたらいいのか、それまでの細かいプランも書くように言われて......。3時間を越えてそんなやり取りをしているうちに、私と太田選手との(フェンシングに対する)考え方の違いや、突き詰め方の違いを感じました。目標設定を高く持つことの必要性も痛感させられました。あの日は、私の意識が一変した一日でしたね」

 太田との出会いによって、宮脇の意識は完全にフェンシングへと傾いていった。その結果、フェンシングの道はどんどん開けていったという。

 加えて、運も味方した。というのは、彼女が頭角を現したのは、2008年北京五輪後にフェンシングの強化体制が整った頃だったからだ。しかも、女子については、2012年ロンドン五輪後は日本の上位の選手たちがこぞって引退。結果を出せば、すぐにナショナルチームに選んでもらえる状況になっていた。その点は、宮脇もよく自覚している。

「『2020年東京五輪世代』ということもあって、私たちの世代は環境が非常に整っていて、すごく恵まれていますよね。そういう意味では、大きなチャンスがゴロゴロと転がっているので、それをひとつずつ拾っていって、今後につなげていきたいと思います」

 現在、コーチから言われているのは、「国内外を問わず、どのような大会でもいいから優勝して、勝ち方を覚えること」だという。宮脇自身、この1年間で試合の組み立てに関しては向上してきたという自負がある。残る課題は"ここぞ"というときの攻撃力と、得意技の開発になるだろう。

「今は勝つために、どうしても複雑に作戦などを考えてしまう部分がある。最終的には、もっとフェンシングをシンプルにすることが必要だと思います。アジア大会の決勝を見ていても、トップ選手の戦いはすごくシンプルだったという印象が強いです。それを(自分も)突き詰めていかなければいけないと思っています」

 とにかく今は、ひとつでも多く勝ち上がって強い選手と対戦したいという宮脇。そうやって経験を積み重ねていけば、自然に体力やスピードもついてくるだろう。自分が確実にポイントを取れるような得意技も見つかるに違いない。太田雄貴には「出る試合は全部勝て」と言われたという。そんな強い気持ちを持ち続けることも必要だ。

 最大の目標は、2020年東京五輪における個人戦と団体戦。そこで結果を出すためにも、宮脇は「2016年リオデジャネイロ五輪にはどうしても出場したい」と言う。

 それには、世界ランキングを上げていかなければいけない。宮脇は現在(11月4日時点)、世界ジュニアランキングこそ3位だが、シニアランキングは55位。日本勢では、世界ランク34位の西岡詩穂(25歳)、同47位の柳岡はるか(19歳)に次ぐ、3番手となる。五輪代表の座を確実にするためには、今後も結果を出し続けて、世界ランクをひとつでも上に上げていくことが重要になるだろう。(おおよそ世界ランキング20位台)

 ところで、フェンシング選手であるとともに、高校生でもある宮脇。学業との両立はできているのだろうか。

「最初は大丈夫だろう、と思っていたんです。でも、今は(フェンシングと)学校との両立にすごく苦労しています。海外遠征などで、学校に行けないことが多くなってきて......。授業中に理解していくタイプなので、授業に出られないというのはつらいですね。遠征から帰ってきたらすぐに試験があって、試験が終わった翌日に海外遠征に出発することもありました」

 遠征がなくても、学校の授業を終えると、ナショナルトレーニングセンターに直行。練習の日々である。勉強はおろか、遊ぶ時間もない。

「でも、忙しい日々でも、フェンシングだけではなく何か趣味を持ちたいと思って、高校1年生のときからはドラムを始めたんです。月に4時間のレッスンを受けているんですよ。少しでも時間が空けば、遊びを詰め込みます(笑)。先日も練習が休みの日に、フェンシングの仲間たちとディズニーランドに行ってきました。次の休みの日にも、学校の友だちと焼肉を食べに行こうって計画しているんです。そうした"オンとオフ"は、結構バランスよくやっているほうだと思います」

 フェンシングに限らず、勉強にも、遊びにも、全力を尽くしている宮脇。そのエネルギーこそが、彼女を成長させる原動力となっているのだろう。6年後、日本の女子フェンシング界にも、五輪メダルをもたらしてくれることを期待したい。

【プロフィール】
宮脇花綸(みやわき かりん)
1997年2月4日(17歳)、東京都出身。現在、慶応女子高に通う現役高校生。5歳からフェンシングを始め、中学生のころから頭角を現し始める。今年7月に行なわれたユース五輪では銀メダルを獲得し注目された。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi