バイオハッキングはいま、「アプリ開発より安上がり」だ

写真拡大

「アプリを開発するより安いコストでバイオ・ハッキングができる」時代が近づいている。牛を必要としない「人工乳」を開発する企業も紹介。

「バイオハッキングはいま、「アプリ開発より安上がり」だ」の写真・リンク付きの記事はこちら

「いまや、アプリケーションの新興企業を立ち上げるより、バイオテクノロジーの企業を立ち上げるほうがコストが安い」。

これは、先ごろオーストリアのウィーンで開催された「Pioneers Festival」の「A New Cambrian Era - Biotech 2.0」(新しいカンブリア大爆発:バイオテック2.0」というセッションで、起業家のビル・リャオが語った言葉だ。

リャオ氏は、ヴェンチャーパートナーとして、アイルランドに本拠を置くIndie.Bio社に関わっている。同社は、合成生物学分野のアクセラレーター(ヴェンチャーの成長を加速させる仕掛けを提供する人物や組織)であり、バイオテクノロジー分野の新興企業に出資している企業だ。

Pioneers Festivalで同じセッションに登場した「バイテク起業家」のライアン・ベテンコートもまた、この分野の仕事で必要とされる金額が大きく変化したと指摘した。「バイテク関連のコストは劇的に下がっている」と同氏は述べる。「テクノロジーの世界ではムーアの法則が革命的な影響を与えたが、バイオテクノロジーの世界は、その法則を上回る進歩を遂げている」


TAG

BiohackBiotechnologyStartupWiredUK

オートデスクのアンドリュー・ヘッセルは、2014年10月に行われた「WIRED2014」で「癌細胞をハッキングするウイルスを(DNAの)3Dプリンティングで作製する」技術を発表した。

現在のバイオテクノロジーの世界では、さまざまな動きが起こっている。例えば、オートデスク社が運営する生命科学ラボのアンドリュー・ヘッセルは「癌細胞をハッキングするウイルス」を(DNAの)3Dプリンティングで作製する技術に取り組んでいる(日本語版記事)。一方ではより堅実な、より実際の利益につながりそうな研究も行われている。

そのようなビジネスの例としてリャオ氏は、ウシを使わない牛乳の生産に取り組むMuufri(ムーフリ)というサンフランシスコの新興企業を挙げた。同社では、生きたウシの代わりに、牛乳の主要なタンパク質と脂肪酸を使って「人工乳」を生成しようとしている。

うまくいけば、2年足らずで、ヴィーガン(純菜食主義者)向けの人工乳が広く市場に出回ることになるかもしれない(酵母菌の細胞に、牛から採取した遺伝子を組み込み、管理された温度下で適度な菌体数を育て、数日後に牛乳タンパク質を収穫する仕組み。成人の65%が消化できないといわれるラクトース(乳糖)の代わりに砂糖を使う実験なども行われている)。

ベテンコート氏は、バイテクの「民主化」を提唱する。「わたしは、必要なツールに誰もがアクセスできるようになるといいと考えている。誰もが自宅でバイオテクノロジーを研究できて、またそれを政府が規制できないようにしたい」

アプリを開発するより安いコストでバイオハッキングができるということは、すなわち、誰もが実行できるということだ、とベテンコート氏は語る。「科学をどう使うのか、自学すればいいだけだ」

TAG

BiohackBiotechnologyStartupWiredUK