『YUZURU 羽生結弦写真集』(集英社)

写真拡大

 いよいよ今年もフィギュアシーズンが始まった。高橋大輔、浅田真央らスター選手が一気に抜けたなか、フィギュアヲタたちの注目を一身に集めるのがソチ五輪金メダリストの羽生結弦だ。本日グランプリシリーズ第3戦中国杯で初戦を迎える羽生だが、オリンピック以来その人気はうなぎのぼり。AKB48のまゆゆこと渡辺麻友も、流出したインスタグラムの裏アカで「羽生くんぺろぺろ」と書くなど、かなり濃い羽生ファンと思しき写真や記述がいっぱいだった。

 そんな羽生くん初の写真集『YUZURU 羽生結弦写真集』(集英社)が先日発売されがのだが、こちらもバカ売れしているという。10代からアラサー、アラフォー、フィギュアオタクに腐女子、はては男性まで魅了してしまう彼の魅力とは、一体どんなところにあるのだろうか。

 まず羽生といえば、そのかわいらしさやふと見せる無邪気さ。そんな少年ぽい一面から"ショタ"と言われることもあるが、ガチ勢からしてみれば身長170?を超える19歳の男性がショタなんてありえないと一部では猛抗議する声もあがっていた。しかし、この写真集では羽生の正真正銘のショタ時代からその成長ぶりを辿ることができる。まだ12歳だった2007年から、今夏まで7年の軌跡が収められているのだ。

 ノービス(9〜13歳のクラス)時代は、プルシェンコに憧れてマッシュルームカットにしていた羽生。その髪型と赤やオレンジの羽がついたかわいい衣装も相まってか、2008年当時中1の羽生は、女の子のような中性的な顔とあどけない笑顔が印象的だ。ショタ好きはもちろん、かわいいものが大好きな女子も、当時の写真はきっと見逃せないところだろう。そこから徐々に成長し、2014年に撮影されたNHK復興支援ソング「花は咲く〜羽生結弦Ver.〜」では、かなり大人びた姿を見せている。この企画は、羽生が4歳の頃から震災発生の瞬間も練習に励んでいたという思い出の「アイスリンク仙台」で「花は咲く」に合わせて滑ったものだが、その練習や撮影風景も収められているのだ。そこで一輪の花を胸の前で大事そうに抱え、両手で差し出す際の表情には、何とも言えない色気と哀愁が漂っている。12歳から19歳までという、子どもから思春期の少年、そして大人の男性へと成長していく過程と、その狭間で揺らぐ不安定さを切り取った写真を拝めるのは、この写真集だけではないか。

 羽生のかわいさは国内人気にとどまらない。海外でも「カワイイ!」と話題になっている。ロシアではかわいいものにつける「〜シカ」をつけ、「ユズーニャ・ハニューシカ」という愛称で親しまれているという。羽生のかわいらしさは、なにも中性的な容姿やプーさんが好きといった乙女趣味だけではない。

 たとえば、カメラを向けられた際に自分の両頬を手の甲で押さえる仕草。2009年の『ジュニアグランプリファイナル』で結果を聞き思わず両手で顔を覆う仕草。またリンクの上で足を投げ出してペタンと座っている様はテディベアのよう。そして、パーカー姿のオフショットでは片方だけ萌え袖――。どんなときでもさり気なく、抜かりなく母性本能をくすぐるかわいらしさを発揮しているのだ。演技後やメダルを獲得したとき、ソチ五輪後に仙台で行われた凱旋パレードなど、お客さんに向けて手を振ったり、メダルを見せるときは、大抵その手やメダルを顔の横に持ってきて、少し照れたようにハニカミながら小首を傾げる。この、ちょっとあざといぐらいのかわいらしさに振り回されてしまうという女子も少なくないはずだ。

 また、そのかわいらしさと並んで多くの人が羽生の魅力として挙げるのが、彼のもつ王子様的要素だろう。"王子様系男子"なる呼称も定着し、女子高生からアラサーまでもがハマっている。たしかに、白く細長い手足に超小顔という2次元から抜け出たかのようなスタイル、仕草、表情には、王子様と呼ぶにふさわしいものがある。それに、所作には、宝塚の男役にも通じるような、女性が理想とするカッコよさと美しさが具現化されている。写真集でも、そのしなやかな身体を活かしたレイバックイナバウアーやドーナツスピンをじっくり堪能することもできる。そして、今年6月にソチ五輪の凱旋公演として仙台で行われたアイスショーで、暗闇にスポットライトが当たるなか、ジーパンと黒のTシャツというラフな格好で、笑顔で軽やかにステップを踏んでいる羽生。さらに、2013年のスケートカナダでの、感情のこもった真剣なまなざしで指先まで意識された手を前方に差しのべる仕草。2012年のグランプリファイナルで頭の後ろと腰に手を当て、爽やかな笑顔でポーズを決める姿などは、ザ・王子様といった感じで、見るものをうっとりさせる。かっこよさや男らしさもあるのだが、決して男臭くならないところも彼が王子様と呼ばれる所以だろう。

 一方、腐女子やオタク的な楽しみ方をしたいなら、コーチであるブライアン・オーサーとのツーショットも外せない。2012年のスケートアメリカで、キスアンドクライで結果を聞き、ブライアンに肩を抱き寄せられながら笑顔で喜ぶシーン。ソチ五輪の演技後は、リンクの外で待っていたブライアンと抱き合う姿が......。拠点としているカナダのトロントでは、階段のうえにいるブライアンが羽生の肩に肘をのせ、笑顔で写ったツーショットもある。羽生が「ブライアン、カモン!」と声をかけ、実現したというこの写真。2人の信頼関係も伝わってくるし、密かに妄想を膨らませているという人もいるのではないか。

 ただ、ほかの男子選手との絡みはないため、腐女子的には少々物足りないかと思いきや、彼女たちはまったく違う点で楽しんでいるよう。普段はニコニコした細い目が印象的な羽生。しかし、氷上ではスイッチが入るのか、時折見せる鋭い目つきはドSっぽくて、見ているだけでゾクゾクさせられると評判だが、ネットではその目つきがある人物に似ていると話題になっているのだ。それが、腐女子にも大人気の『進撃の巨人』(講談社)に登場するリヴァイ兵長。一時期、羽生は『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京)の碇シンジにも似ていると話題になったが、彼女たちはこういった2次元的要素でも楽しんでいるらしい。

 このように、子どもと大人、かわいらしさとかっこよさ、2次元と3次元といった境目を行ったり来たりしながら絶妙なバランスを保っているところこそ、彼が持つ唯一無二の魅力なのかもしれない。
(田口いなす)