『家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』(avex trax)

写真拡大

 歌手のmisonoが、9月19日に自身のLINE公式アカウントの生放送で「重大発表」と題して、10月13日発売のニューアルバム『家-ウチ-※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』(avex trax)を発売。タイトル通り、同アルバムが1万枚売れなかったら、今後CDを発売することができなくなってしまうとして、購入を呼びかけた。

 そのため、売り上げが注目されたが、さっぱり売れず、このままだと“ノルマ”を達成する可能性が限りなくゼロに近いことが判明した。

「さんざんあおっての重大発表だっただけに、『くだらねぇ。今年で一番どうでもいい話だわ』などとネット上で批判が殺到した。そして発売後、オリコン・アルバムランキングでは、初週の売り上げがわずか1,218枚で、初登場61位と惨敗。翌週は49位にアップしたものの、さらにその翌週は224位に転落。4週目にして圏外に消えた。肝心の売り上げ枚数だが、まだ3,000枚程度。『いつまでに1万枚売れなかったら』と期限を設けていないのが“逃げ”かもしれないが、1万枚に到達するのはまず不可能だろう」(音楽関係者)

 少しでも売り上げを伸ばそうと、misonoは各地のイオンモールで発売記念ミニライブを行うなど、プロモーション活動に励んでいるが、「これまで発売した3枚のアルバムの中で、売り上げ1万枚超えは1枚しかないが、まさか、ここまで大々的にPRしても1万枚売れないとは思わなかった」(同)。

 とはいえ、すでに本人も結果に対して開き直ったのか、一部ニュースサイトのインタビューに対し、「本当に正直な話、自分ではもう売れなくていいとも思ってるんです」と発言していた。

「もともと、所属レコード会社の多大なる期待を背負ったユニットのボーカルとしてデビュー。ソロに転向後も期待されたが、いつの間にかバラエティ要員になってしまった。もはや、CDを出してもプロモーション費用は予算が出ず、今回のアルバムで分かったが、“話題づくり”をして出したところでまったく売れない。本当に、もうCDが出なくなりそうだ」(芸能デスク)

 果たして、misonoがどうやってこの状態から巻き返すのかが注目される。