写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライン・テクノロジー・ジャパンはこのほど、5年以内に結婚を希望している20〜40歳代の男女を対象に行った「歯並び意識調査」の結果を明らかにした。調査は10月に実施し、2,000名から有効回答を得た。

歯並びは第一印象を左右すると思うかどうか聞いたところ、78.3%が「左右する(左右する、ある程度左右するの合計)」と回答した。男女別で分析すると「左右する」と答えた割合は女性の方が多かった。

歯並びがいいと出会いの場面で有利にはたらくと思うか聞くと、88.9%が「思う(そう思う、どちらかと言えばそう思うの合計)」と回答している。

また、婚活パーティーなど新たな異性と出会う機会で、歯並びが悪い人に会ったときの印象について自由記述で聞いたところ、「個性があっていい」など好意的にとらえる意見も見られたが、「清潔感がない」「引いてしまう」など否定的な意見も目立った。

歯並びがいい人のイメージについて聞くと「健康そう」(63.0%)、「清潔感がありそう」(50.9%)、「育ちがよさそう」(32.8%)、「誠実そう」(21.9%)、「優しそう」(17.8%)が上位を占めた。

自分の歯並びに自信はあるかどうか聞いたところ、58.5%が「自信がない」と回答した。そのうち、矯正治療の経験がない人は88.0%を占めている。さらに、歯並びは第一印象を左右すると答えた人のうち、歯並びに自信がなくて治療の経験もない人は47.6%と半数近くに上った。

矯正治療の経験がない人に治療しようと思わない理由を聞くと、「費用が高い」(55.1%)、「治療の必要性を感じない」(40.6%)が多くを占めた。歯並びは第一印象を左右すると多くの人が考えているにもかかわらず、「治療の必要性を感じない」といった理由で、矯正治療には至っていないという傾向が見られる。

(フォルサ)