写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネオマーケティングはこのほど、全国25歳〜39歳の有職未婚女性を対象に行った「自己投資」についての調査結果を発表した。同調査は10月16日〜20日にインターネット上で実施。500名の回答を得た。

○自己投資のためのこだわりアイテムは「洋服」「カバン」「財布」

「あなたが良い持ち物を身に付けることで、周囲の見方が変わったと思うことがあるか」を聞いたところ、37.8%が「周囲の見方が変わった」と答えた。

また、「自分を高めるためにこだわっている、またはこだわりたい(投資していきたい)持ち物」を聞いたところ、1位は「洋服」、2位は「鞄(カバン)」、3位は「財布」だった。4位の「ジュエリー」は、20代では36.7%だったのに対し30代では44.4%と、世代により大きな差が出た。

○自己投資のタイミング、20代は「節目」、30代は「めぐり会い」

「自己投資をしたことがある、またはしていきたいと感じるタイミング」については、自分の誕生日」が34.0%で1位。次いで「20歳、30歳などの節目に」が32.0%となった。また、20代は何かの節目に投資する傾向が高かったのに対し、30代は節目に関わらず、良いもの・気に入ったものに巡り合った時が投資のタイミングと考えている人が多いこともわかった。

○「仕事ができそうな女性がつけるジュエリー」はプラチナが1位

「ジュエリー購入の際にこだわっているポイント」を聞いたところ、「デザイン」が62.0%、「素材・品質」が47.6%となった。20代と30代を比べると、30代では「ブランド」が下がっているのに対し、「デザイン」「素材・品質」が大幅に上がっていた。

設問を4つ設定し、各設問ごとに「あてはまる」と思うジュエリー素材を聞いたところ、「仕事ができる女性がつけていそう」では「プラチナ」が52.0%で1位となった。また、プラチナは「ジュエリー素材にこだわりのある人がつけていそう」「今後人気がでそう」「今欲しいと思う」の全ての項目でも1位となった。

(エボル)