鳥山明が異例の描き下ろし絵、チャウ・シンチー「西遊記」と熱烈コラボ。

写真拡大

チャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作「西遊記〜はじまりのはじまり〜」に登場する“孫悟空”のイラストビジュアルを、「ドラゴンボール」原作者の鳥山明が描き下ろしたことがわかった。

鳥山はこれまでマンガ家としての活動のほかに、デザイナーとしてゲーム・キャラクターや車のデザイン、CDジャケットのデザインなど幅広く、そして多く手がけているが、今回は自身の作品ではない映画のため描き下ろすことに。映画のキャラクターをイラストとして描き下ろすのは異例で、初めてのことだという。

このイラストが生まれるきっかけとなったのは、今年7月に行われたチャウ・シンチー監督の来日会見。孫悟空のキャラクターについて「孫悟空が最初は人のような感じで、次に小柄な猿になり、最後に大型のゴリラのように姿を変えていく様子は『ドラゴンボール』の影響が大きい」と監督自らが語ったことだった。

そこで、今回、鳥山に一足早く「西遊記〜はじまりのはじまり〜」を鑑賞してもらったところ、「予想と常識の壁をはるかに超えてみせる銀河系最強のおもしろさ!!久々に完璧な娯楽映画を観ました!些細な部分など、どうでもいいと思わせる強烈なエネルギー!マジとギャグの見事な使い分け!堂々とした安っぽさの演出!計算されたストーリー展開!これこそがボクの理想とする娯楽映画の最高峰であります!」と大絶賛。早速、監督から鳥山へ熱烈なレターを送り、このたび、実現の運びとなった。

シンチー監督が送った手紙は「先生にあのように評価していただき心より光栄に思っています。ずっと先生の作品を愛読させていただいており、先生の手で本作品『西遊記』のイラストを描いていただければこれ以上の幸せはない!」といった内容の熱いメッセージだったそうだ。

なお、このイラストビジュアルは、11月10日(月)から交通広告としての使用が決定している。