ジェフ・ミルズ主演アートドキュメンタリーフィルムがCD+DVD化。500枚限定でリリース

写真拡大 (全2枚)

テクノ・エレクトロニックミュージックによる音楽表現の可能性拡大に挑み続け、近代アートとのコラボレーションやフリッツ・ラング『メトロポリス』へのサウンドトラック提供でも知られるジェフ・ミルズ(Jeff Mills)が、フランス人映像作家ジャクリーヌ・コー(Jacqueline Caux)とタッグを組んで発表した映像作品『Man From Tomorrow』のDVD+CD2枚セット(3,900円)がリリースされる。発売日は12月17日、日本500枚限定での発売だ。

ジャクリーヌ・コーは、ジョン・ケージ(John Cage)からリッチー・ホゥティン(Richie Hawtin)にいたるまで現代ミニマル・ミュージックへの造詣が深く、デトロイトのエレクトリファイン・モジョ(=伝説のラジオDJ/Electrifying Mojo)のドキュメンタリー作品『The Colours of the Prism, the Mechanics of Time』を手掛けたことでも知られる。

今回リリースされる映像には、ジェス・ミルズの考えるテクノの在り方、音楽制作の過程、ジェフの想像する未来、観衆の前でプレイするときに沸き起こる孤独感などの多彩な要素が満載。加えて、テクノ・ミュージックの醍醐味を、DJイベントとは異なるスタイルで満喫ことができる作品に仕上がっている。

本作は、今年2月にパリのルーブル美術館オーディオトリアムでのワールド・プレミアで上映された後、ニューヨーク「Studio Museum of Harlem」、ベルリン「Hackesche HofeKino」、ロンドン「ICA」に続き、京都、東京でも上映された経緯を持つ。これに、ジェス・ミルズ自身によるサウンドドラック(16曲中12曲が未発表曲)が収録されたCDも同梱され、さらに日本限定特典としてジェフ・ミルズのサイン入りポスターも封入されるという豪華仕様。ジェフ・ミルズファンはもちろん、音楽、アート好きなら要チェック。