強いモチベーションで臨む今大会!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミズノクラシック 事前情報◇6日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」が三重県にある近鉄賢島カンツリークラブにて7日(金)に開幕。前日となる今日、横峯さくらが会場入りし最終調整を行った。
成田美寿々、“あのポーズ”で1億円突破へ
 来年の米国ツアー挑戦を発表した横峯。今大会を優勝すると来年度のシード権を得ることができるため、来月に行われるQTを受けずに済む。そのため今大会に懸ける想いはいつも以上に強い「優勝したいという気持ちが強いです。いつもと違うモチベーションですね」と自然と言葉に力が入る。
 挑戦を決意した理由について横峯は「一番は結婚ですね」と語る。今年米国女子ツアーに出場し、結果を残せたことで「もっとゴルフと向き合いたい」という気持ちが芽生えた。この想いは独身だったときは考えられなかったが、「主人と二人三脚なら頑張れる」と今回決断した。
 今後のスケジュールとしては今大会に優勝できなかった場合、今後権利を獲得するしないに関わらず、最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は欠場。QTが開催される前週の木曜日ないし金曜日に会場入りし、米国での戦いに備える。
 今年の12月に結婚披露宴を開催予定だという横峯。準備はQTに行く前にやる予定だと言い、大々的にはやらないものの「結構ばたばた」というような強行スケジュールとなっている。披露宴の準備を落ち着いてやるためには来季のシードを早く確定させたいところ。そういった意味でも今大会は負けられない一戦となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>