SPACE SHOWER TV × 攻殻機動隊 25周年記念ステーションID

写真拡大

士郎正宗さん原作のSFアニメ「攻殻機動隊」が、音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」とコラボレーション。

番組間で放送される放送局のメッセージなどを伝えるイメージ映像・ステーションIDとして、都内某所某日、番組収録中のスタジオで起きた本作のファンなら目にしたことのある、とある事件が起きる様子をオンエア。YouTubeでも公開されている。

攻殻機動隊もスペシャも25周年!





『攻殻機動隊』の原作マンガが『ヤングマガジン海賊版』で連載を開始してから25周年、そして「スペースシャワーTV」も開局25周年という節目の年であることから実現した今回のコラボ。

完成したコラボステーションIDは、劇場アニメ『攻殻機動隊ARISE』border:3/4でオープニングを手がけた映像作家のYKBXさんがディレクションを担当。

音楽は小山田圭吾さんのソロプロジェクト・CORNELIUSの手掛けた『攻殻機動隊ARISE』シリーズのオープニングテーマが使用されている。

記念音楽イベントも開催!


スクリーンショット”-sounds-curated-by-CORNELIUS

スクリーンショット



11月24日(月)には、日本科学未来館にて「SPACE SHOWER TV 開局25周年 × 攻殻機動隊25周年×日本科学未来館 GHOST IN THE SHELL ARISE“border:less experience”sounds curated by CORNELIUS」を開催。

『攻殻機動隊ARISE』シリーズの音楽を手がける、CORNELIUSがサウンドキュレーターを務め、ライブが行われるほか、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの監督である神山健治さん、脚本の佐藤大さん、『攻殻機動隊ARISE』の総監督である黄瀬和哉さんらが登壇するトークショーなどが行われる。