約6600万年前の「頭骨化石」の意味は…英科学誌ネイチャーに掲載

ざっくり言うと

  • 約6600万年前に生息していた生物に関する論文が5日、Nature誌に掲載された
  • ビンタナという名の生物で、長さ13センチの頭骨の化石は偶然見つかった
  • 謎の初期哺乳類の新種と考えられ、洞察が初めて得られることになった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング