髭男爵ら“消えゆく芸人”集結、山田ルイ53世「企画の考え方が悪質!」。

写真拡大

ダンディ坂野(47歳)や小島よしお(33歳)らサンミュージック所属の7組9人が11月5日、アーノルド・シュワルツェネッガー主演最新作「サボタージュ」(デヴィッド・エアー監督、11月7日公開)の公開記念イベントに登場した。

この日、会場となった東京・大森のフィットネスジム「ゴールドジム サウス東京アネックス」に集結したのは、ダンディ、小島のほか鳥居みゆき、髭男爵・山田ルイ53世(39歳)&ひぐち君(40歳)、かもめんたる・岩崎う大(36歳)&槇尾ユウスケ(33歳)、こにわ(32歳)、テル(44歳)の面々。

本作はシュワルツェネッガー率いる麻薬取締局のチーム9人が何者かに一人ずつ殺されていくサスペンスアクションで、映画のキャッチコピーである「1人ずつ消されていく、最強の9人。」をもじって「1人ずつ消えていく、最強の芸人。」として集められた。

本作の感想を問われると、山田ルイ53世が「消えていく9人という企画の考え方が悪質だ!」と話すと、小島が「サンミュージックは一発屋製造工場とも呼ばれている」と会場を盛り上げつつ、槇尾が「手に汗握る、エグさ、怖さもあるが見ていてスカッとした! まさかあの人が犯人だったとはと思わせる、見終わった後に面白かったと思える作品! こんな素晴らしいイベントに参加させて頂いて光栄です!」としっかりと本作のアピールも行った。

また、今回最強のDEA特殊部隊のリーダーであるシュワルツェネッガーに因み、サンミュージック芸人の中でのリーダーは誰かと問われると「それはもちろんダンディさん! 彼は一発屋芸人のレジェンドですよ! ダンディさんが居なかったら、今のサンミュージックのお笑い部門は無い。我々が居られるのはダンディさんのおかげ」と後輩たちから尊敬の声が。そんなダンディは「だけど今はカンニング竹山のおかげで生き残っていますけどね。次に行きましょう」と落ち着きながらもシュワちゃんにも負けないリーダーシップぶりを発揮した。

ほかにも、味方内で疑心暗鬼に陥る本作にちなみ、疑心暗鬼になった?と問われるとひぐち君は「男爵さんに『声』の仕事が入る様になってから、前まで見せていた給料明細を見せなくなった。僕は先月18万だったのに」と不満を言うと「多いな」とダンディの口からボソッとこぼれる場面や、槇尾が「岩崎がマイホームの購入を考えていると聞いた」と問いただすと、岩崎は「マイホームの購入を考えているが、中古で3,500万する。なかなか審査が通らないんですよね」などとリアルな悩みを吐露した。

最後には「最強の9人、サボタージュ!」と全員息の揃った掛け声によってイベントを締めくくった。

映画「サボタージュ」は11月7日より全国公開。